FC2ブログ

ごんぎつねの世界

北海道立文学館へ「新美南吉生誕百年」特別展へ行ってきた。
当時を生きた人々の中には、新美南吉、金子みすずのように
恵まれない暮らしの中で心の美しい人たちが生きた時代なの
だなーと思う。
s-017_20121020220631.jpg

「ごんぎつね」「きつねの手袋」など子供の頃に読んだ時には分からなかった
人間の本質が、きつねと人間が織りなす物語りの奥深くに潜んでいて考えさせ
られた。今日が最終日もう少し丁寧に見て来ればよかった.。

s-018.jpg
文学館を出ると裏に広がる手入れの行き届いた木立と芝生。

s-015_20121020220701.jpg

        美しく色付いた紅葉

s-016.jpg

このように紅葉が美しく色付きはじめた始めた今日この頃、いったいこの国はどちらを向い
て行くのだろう。




深まる秋

日の出が遅くなった。

s-001_20121020103454.jpg

昨日マンションの植え込みの剪定をしていたので行って見ると綺麗に
刈り込まれている。

s-002_20121020103507.jpg

s-003_20121020103526.jpg

何年も手入れをしていなかったので見違えるようにすっきりした。

s-009_20121020103543.jpg

ベランダの床にトンボが!!そっと手にのせて子供の時に息を吹きかけたのを
思いだしハーハーとやってみる。二,三度すると羽ばたき始めたので植木の葉
の上に置いてやるとその時、雲の陰から暖かい日か射してきた。トンボは暫く
羽ばたきをしていたが、あっという間に秋の朝空目指して飛んで行ってしまった。
s-007_20121020103535.jpg

あのトンボの終の場所はどこなのだろうとつい考えてしまう。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク