FC2ブログ

1月デジカメ例会

1月28日デジカメくらぶ例会。
投稿するような写真もないのでどうしようかなと思ったが、
先日咲いてくれた胡蝶蘭を投稿して出席した。
出す以上はただ写すのでは面白くないと、自分なりに何かに
挑戦してみようと思った。コンデジの限界に挑戦と意気込ん
ではみたが結局ただ写した写真。
s-005_20130129135402.jpg

次々紹介される作品は素晴らしいプロ級。
順番が来た、先生はどんな作品でもどこかを褒めて下さる。
メモに(コンデジでマクロに挑戦)と書いた。
それを読んだ先生「コンデジでここまで撮れるんですね今のコンデジは
侮れない(コンデジが褒められた)この緑が効いている、写真は料理の
盛り付けと同じです。○○さんはきっと料理の盛り付けが上手なんですね」
私の面目をつぶさないような優しいコメントをしてくださいました。

可愛い雪だるま

外出から帰ると玄関前に可愛い雪だるまが並んでいる、お母さんの帰りを待っていた、
同じ階に住むおねいちゃんと弟が作って並べているところ。まだ目も口もついていない、
その時思わず仲間に入れてもらって、秋に採って置いたフウセン蔓とナンテンの実を家
から持ってきて一緒に目と口を付けて三人で大喜び。しばしはお母さんの帰りを待ちわ
びていた気持ちを忘れて、雪だるまと遊んだ。その後、雪だるまと一緒にカメラに向か
ってポーズをとってくれた。
今日のおまけ、子供たちのお蔭で思いがけなく楽しいひと時を過ごせた、有難う。

s-003_20130126203751.jpg

s-002_20130126223044.jpg


夕食後プリントした写真を届けると大変喜んで下さる。こんな可愛い孫が近くに
居てくれたらいいな~~。

続きを読む»

月に一度のお食事会

かれこれ20年、よく続いたものだとお互いに顔を合わせて
喜び合う姉妹以上の間柄。しかし今では年齢とともにお互いの
無事を確かめ合う月に1度の逢瀬なのである。

s-002_20130123211739.jpg

今日も大通りに面したゆっくりできるレストランで食事を
しながら、話題は楽しかった来し方、そしてこれから向かう
行く末に思いを廻らす。
今日のデザートは可愛いカップに入ったソフトクリームでした。

s-004_20130123211800.jpg

気が付くと外はもう暗くなりお別れの時間、来月の逢う日を
お互いの手帳にメモをして、それぞれの電車に乗って帰宅。
来月も3人元気に顔を合わせられることを願って。

帰宅するとテレビ塔の化粧直しのニュースが~、アンケートで
今までの赤と緑の人気は変わらず、札幌のシンボルテレビ塔は
やはり赤と緑の今までの姿で綺麗に蘇るとのこと。

胡蝶蘭

この胡蝶蘭を育てて何年たっただろう。
季節が来ると地味な花だが毎年咲くので可愛い。
考えてみると出会いは20年前にさかのぼる。

夫を亡くして間もないころ、近くで花栽培ハウスを
幾つも持って、花の苗を販売している処に行って見る
のが楽しみだった。そんなある日、花の苗を買って
帰ろうとした時に「奥さん暇そうだからこれ育てて
みて」とからからに乾いて葉もしなしなになっている
胡蝶蘭を差し出された。それがこの「胡蝶蘭」。

s-003_20130119145125.jpg

今では自分の子供を見る眼差しでみている。

s-007_20130119145153.jpg

朝起きると一つめの花が開き始めて、

朝食の支度をしているうちに少しづつ開いてくる。
夜明けと温度を感知している~~。

昨夜、北スペシャル「不思議の庭の野菜たち」
を見た。写真家の見た命のサイクルに感動。



昨夜の気温-10度

廊下の窓ガラスに結晶の模様が出来るほど今日は冷えた。

それなのに今朝の室温は12度、お蔭で可愛いカランコエは
小花をいっぱいつけて部屋を明るくしてくれる。

s-001_20130118111211.jpg

お日様が南のベランダがら射し込む時は、暖房を
消してもしばらくは寒くない。太陽熱は素晴らしい。

s-006_20130118113114.jpg

フウセン蔓はこんなにのびてどこまで行くの。



新墾新年歌会

1月13日は結社新墾に入社して3回目の新年歌会。緊張して出席する。

ホテルポールスター札幌に於いて参加者46名、2時より歌会は始まる。
その時スナップ写真を撮る方にお願いするのを忘れてしまった係りの人が、
コンデジを何時も持ち歩いている私を知っていて、お願いだからパチパチ
撮ってと簡単に頼まれてしまった。切羽詰っている時に断ることもできず、
歌会進行中にあちらこちら、こそこそ歩いてカメラマンをやった。後半は席
に着き落ち着いて5時終了まで披講に参加する。

最後に好評を得た作品に「天」「地」「人」の賞が与えられる。
発表「天」に私の名前が呼ばれた。目を白黒させていると○○さん早く出てきて
と声がかかった。夢心地とはこういう事か先生の前に深々とお辞儀をしていた。

「あらたまの睦月六日の雪きらら未踏の八十路開かれてゆく」

一月六日の誕生日で八十歳になる、これから歩んでゆく道が目の前に開かれた
一歩一歩、歩んで行こう。

s-001_20130117083036.jpg

八日の下弦弓張月

8日朝6時48分。

s-013_20130111215537.jpg

2分後。
s-006_20130111215618.jpg

たちまち朝日が昇り7分後。
s-020_20130111215640.jpg

8日、9日、そして今日の11日、お天気続きのせいか
朝明けがずいぶん早くなったような気がする。
因みに今朝の月はほとんど細くて見えない、今夜は闇夜。

家族新年会

毎年恒例の兄弟家族集合の新年会、今年は16名が顔を揃えた。
姉が亡くなって皆、心の中に一抹の寂しさを潜めながらの参加。
始めは思い出して涙ぐむ場面もあったが、お酒は飲むほどに心を
和らげてくれるもの、老いも若きも入り乱れて宴は始まる。

s-002_20130106123617.jpg

テーブルには家主の弟夫婦、子供たちの手作りを中心に、それぞれ持ち寄りの
お酒、料理が並び、2時から始まった宴はあっという間の6時間、楽しかった。

みんな今年も元気に健康でそれぞれの目標を目指して1年を過ごしましょう。

正月四日晴天

今朝の新聞によると、発達した低気圧により留萌石狩管内で4300戸停電、
JRでは310本運休など、今朝方までの大荒れの天気が嘘のような晴天。

植木に水をやろうとアンスリュウムの鉢を見ると、「おやっキノコがっ」
これは撮っておかなければ、変化のない我が家にとっては一大事~。

s-002_20130104140355.jpg
こぞって出て来てくれました、まるくて可愛い。なんというキノコかな~?。
この穏やかなお正月に感謝、などとのんきなことは言っていられない。
来週から次々と予定が~、健康で予定をこなせる健康に感謝。

初詣

 明けましておめでとうございます

元日の朝、宵に降った雪に清められて一面真白。
初日は薄い雲に覆われて南東の空をほんのり明るくしている。

s-003_20130104184934.jpg

八時頃、北海道神宮へ娘と初詣に出掛ける。

s-001_20130102062645.jpg

s-002_20130102062714.jpg

s-004_20130102062737.jpg

お賽銭を遠くから放る大きく広げたシートにはすでに小銭、お札、のし袋が
沢山入っている。威勢よく小銭を握って放った。どうぞ今年も平穏で欲張ら
ないが少し良いことがありますようにと心に念じて。

お御籤をひく、娘は大吉、私は小吉それぞれ枝に結ぶのも心が楽しい。

帰りの通りにはお祭りのように出店が並んでいる。アツアツの甘酒一杯200円、
ゆっくり立ち飲みをして温まって帰ってくる。往復7646歩雪道は疲れました。

今年のおせちは「家庭料理のお店まさき」の手製です。
夕方大成寺の住職が新年のおまいりにみえて下さる。
今年は元日からバラエティーに富んだ一日で始まった。

綺麗になって

片づけ上手のつもりも、娘の目を通すとなかなか厳しい。
賞味期限の切れた物が棚の中から発見されてきれい
さっぱりと片づけられ、ついでに掃除もしてくれた。
s-007_20130101001528.jpg
もったいない精神はなかなか抜けないもの、
やはり老いては子に従うのが楽ちんです。
たまには来てお願いします。

いよいよ今夜は大晦日、我が家は東京の娘の家から届いた
お鍋セットがメイン、おいしい日本酒を飲んで親子水入らず。
毎年準備して置く年越し蕎麦は食べずに済んでしまうので今年は無し。

紅白歌合戦の白組優勝までだらだらとテレビを付けたまま
見ているような見ていないような~~これでは節電にならず。
今夜だけはお許しを~~。

紅白歌合戦で感じたこと、最近の歌の歌詞は、早口言葉のようで
区切りが分からないから感動できないままに終わってしまう。
そんな中で、美輪明宏の「ヨイトマケの唄」には感動を覚えた。
親と子の辛い生活の中での愛情が胸に痛く伝わり、今いじめ問題の
渦中にいる子供たちに聞かせたい。

気が付いたらもう平成25年元旦になってしまった。
来る年の日本はどう変わるのか、暗い森の中に何かわからない不穏を
感じながら佇んでいるような気がするのだが。
世界、日本、そして我が家にとっても良い一年であることを祈ります。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク