FC2ブログ

6月30日午前5時晴天

真っ青な空にむかって新芽が伸びる。
s-007_20130630142354.jpg
ベランダに立つと目の前の楓の新芽が~昨日こんなに伸びていた?
ラジオ体操、休みたい気持ちはどこえやら。身支度をして出かける。



帰り道、オシドリ親子はどうしているかな~と池に回ってみると、
ちょうど泳ぎの練習を終えて岸に上がるところでした。
s-016_20130630143703.jpg
遅れた1はを誘導して
s-014_20130630143704.jpg
これで13羽全部上がったかしらと母鳥は見回している。
s-017_20130630143702.jpg
13羽揃ったらお母さんと一緒に雛たちも毛づくろい、
s-022_20130630143657.jpg
濡れた体がきれいになって、
s-023_20130630143737.jpg
さあみんなお休みしましょう。大きくなったのでもうお母さんの羽の中にはもぐりません。
雛どうしまーるく集まっておねんねします。母鳥は片時も雛たちから離れることはありません。

森の香り

公園に入るとすぐに森の香りがする。
s-005_20130628121621.jpg
昨日の雨で洗われた緑はいっそう輝いてみえる。今朝は少し早く家を出たので
ラジオ体操の前にオシドリの雛たちを見に池に向かう。
s-003_20130628121622.jpg
居ましたよっ、もう雛たちは大きくなったので母鳥の羽には入らず雛同志で
肩寄せ合っています。母鳥に見守られて。数えると13羽確認できました。
s-006_20130628121619.jpg
此処が大通りの始点、晴れていればこの先にテレビ塔が小さく見えます。
s-011_20130628121617.jpg
此処は札幌市民のオアシスです。その恩恵を受ける幸せに感謝。
s-013_20130628121616.jpg
帰り道すっかりスタミナを消耗して歩いていると、ところどころに咲く花達に慰められる。

円山公園生き物語

朝6時ラジオ体操会へ。第二鳥居から入るといきなりリス君に出逢う。
s-003_20130626155705.jpg
かぼちゃの種をまいている人が居るので逃げようとしない。
毛変りが終わって体がつやつやしている。
s-001_20130626155704.jpg
欲張りリス君。

ラジオ体操終了後オシドリの親子を見に池の方に回ると
s-010_20130626155701.jpg
雛がかたまって5匹、母鳥はどこ?と見回すと少し離れたところで毛づくろいをしている。
間もなく雛の傍に戻ってくるがそっぽをむいている。子育て放棄じゃないでしょうね。
s-006_20130626155702.jpg

もうひとつの親子は13羽無事、母鳥の羽にもぐろうとするが大きくなって
おしくらまんじゅうをしている。
s-011_20130626155456.jpg
こちらの13羽無事を見届けて安心。


s-014_20130626163306.jpg

池を離れて振り返ると神宮の杜は新緑から深緑へと装いをかえている。

変化に富んだ6月25日

朝 我が家のベランダで蝉を見つける。
s-002_20130625203246.jpg
横になって転んでいるように見えた。そっと掌に載せる手足をうごかすので
葉の上においてやる。しばらくすると少し移動して体も大きくなって見える。
s-008_20130625203245.jpg
朝日が照ってきたのでどうしているかなと見に行くと、もう姿が無くなっていた。
ほんの30分ほどの束の間、どうしてこのベランダに来たのか?来れたのか?が謎。

蝉に気をとられていてふと美女ナデシコに目をやると、蕊の饗宴。
s-003_20130625203243.jpg
満開の美女ナデシコはくす玉状態になって咲いている。
s-004_20130625203241.jpg
この狭いベランダでの今朝のウオッチング。

今日は月に一度の3人のランチ会、11時に家を出る。
今日は中華の「宋さんの飲茶」です。中でも美味しい蒸し餃子。

毎月会うのに話は尽きない、おしゃべりをしながらゆっくり食事。
それでも別れがたく、コーヒーのお店へ移動。お互いに天国の夫に感謝。
                  有難う

初夏の花

裏の小庭に咲いている小さな花達を拾いました。

s-005_20130623160054.jpg
ハーブ苺 雌蕊を囲む雄蕊が こんな形をしているとは。
s-012_20130623160053.jpg
黄色も咲きました。雌蕊はすでに苺の形をしている。
s-022_20130623160051.jpg
去年の種から芽を出した、1センチあるかなしかの花。
これは雌蕊しか見えないけれど虫がはこんでくるのかな~?
s-008_20130623160023.jpg
今朝仲良く咲きました。美女ナデシコです。

小さいけれど一つひとつに小宇宙を持つ花達。大きな花壇も良いけれど、
可憐に咲いている小さな花も良いものですね。

オシドリの雛に会いました

神宮のラジオ体操1週間ぶりか?今朝は薄曇り、歩いて行くには
好都合のお天気模様。
s-002_20130621142524.jpg
神宮の杜は祭典も終わり綺麗に清掃されしんと静まり返っている。
上を見上げると高い緑の合間から小さく区切られた空が見える。
何時ものように森の空気をいっぱいに吸ってラジオ体操は終了。
帰り、知らない者同士話しかけあっているうちに「今オシドリの
雛が可愛いよ」と教えてもらい池に行って見ると今朝はどうしたことか
姿が見えない。もう一つの池に行って見る。
s-005_20130621144046.jpg

s-009_20130621144315.jpg
岸に上がって母オシドリが羽の下に13羽の雛を抱いているのを見つけた。
お話によるとそろそろ10日余りになるとのこと、烏が近くに居るので
用心しているらしい。
s-022_20130621144314.jpg
雛が出たり入ったり、胸の当たりに何羽もいるらしくふくらんでいる。
s-040.jpg
池に入って泳ぎだしました。
s-031.jpg
お母さんから離れてしまいました。
s-056.jpg
烏の声がするのでゆっくり泳ぎを楽しむ暇もなくばらばらになって
s-052.jpg
岸に上がってしまいました、お母さんは気の休まる暇もありません。
数えてみたら13羽いました、保護色なのでなかなか見分けがつきにくく
母鳥の大変さが良くわかりました。こんな時お父さん鳥は?というと、
s-034.jpg
向う岸でゆっくりお休みです。

新墾岩見沢大会

岩見沢ホテルサンプラザに於いて平成25年6月16,17日の2日間、
130名余りの参加のもと短歌新墾社の岩見沢大会が執り行われた。
s-001_20130618090510.jpg

1日目は開会式の後、第40回小田観蛍賞、第54回新墾新人賞受賞式、
その後4班に分かれて班別歌会が行われた。
遠くは九州から参加の方もおり短歌に対する熱のこもった歌会となった。
ホテルに泊まらず懇親会途中抜け出して帰宅。次の朝9時よりの全体研修会に
間に合わせて家を出る。やはりこの年齢ではきつかった。帰宅したのが8時。

帰りの車窓。
s-002_20130618090512.jpg

老齢化で会員は少なくなる一方、美しい大和言葉は新しく
生まれる新語に取って代わられ先細りが懸念される。

「おつかれさまでした」と自分を労わる。

今日は札幌祭りの宵宮

数日休んでいた朝のラジオ体操に行って来ました。
神社はすでに準備万端、綺麗に清められた境内で
ラジオ体操をさせて頂く。

s-003_20130614225201.jpg今日、明日は雨になりそう。御神輿渡御の時は
              どうぞ晴れますように。

s-005_20130614225158.jpgs-006_20130614225157.jpg

円山仙人さんに教えて頂いた「母子像」今日は見つけましたよ。
球形の母子像、大きな手でしっかりと子を抱きしめる母の愛情を
感じる母子像でした。

表参道を回ってアメリカ領事館の前を通ると守衛さんにお早うございます
と挨拶をされて恐縮、どちらへ帰るのですか?と聞かれて9条通りまでです
と答えるとお気をつけてと言われてまた恐縮。しかし待てよ矢臼別演習場
の事故のこともあるしな~~。

帰り道で見つけたとても良い香りの白い花、名前が分からない。

s-011_20130614234443.jpg

s-001_20130614234635.jpg
これはムラサキツユクサ、今開いたばかり。
朝の花はどれもけがれが無くて美しい。

ハクウンボク(白雲木)

今年もハクウンボクの咲く季節がきた。

s-004_20130613165048.jpg

環状線のバス停に添ってハクウンボクがいっせいの開花、
今年は特に花数が多く好天が続いたので去年より美しい。

s-009_20130613165047.jpg

朝日が射し込んで美しさを際立たせる。

s-006_20130613165045.jpg

白い雲がたなびくように咲くので白雲木の名がつけられたとか。
数日で花は終わりそのあとまーるい実が付く。花の命は儚いから
一番美しい姿をとどめておきたいと、今朝お日様が昇ってきた時間
を見計らって出掛けると、車も人通りもなく空気がまだひんやりと
冷たく感じられた。

青空にハクウンボクの花が棚引く今しか見られない姿です。

汐音でランチ

お天気も良く娘が丁寧にお掃除をして呉れたおかげで気分上々。
お昼は外食をしようと決め込んで、近くに出来たお店「汐音」へ。s-003_20130610065051.jpg
注文は「瓦そば」どんな味がするのだろう、「しばらくお時間がかかります」
と言って下がってから期待をしながら待つこと10分ほど。

s-004_20130610065052.jpg
アツアツの大きな瓦にジュージューと焼けている蕎麦、その上に
牛肉、錦糸卵、きざんだネギ、海苔がかけられてレモンの輪切りに
もみじおろしが乗っかっている。「おあついのでお気を付け下さい」
とのこと、顔を近づけると本当に熱い。
初めての味、まずたれにつけて一口味わうと、たれは甘みの効いた味。

食べ終わってからの感想は、木の台に乗っかった立派な瓦、ジュージュー焼き立て、
ここまでは期待の目で見ていたが、蕎麦のイメージとはかけ離れた味に少々とまどった
と言うのが正直なところかな?、今度は別のメニューにしてみよう。

山荷葉(サンカヨウ)

実家の庭をカメラを片手に探検、まずは珍しいサンカヨウ。
s-008_20130608171742.jpg
大きな葉に隠れるように小さな白い花、秋には紫の実を付けるそうです。

s-010_20130608171715.jpg
お次はエンレイソウ、日陰に木漏れ日が射してなかなかの風情。

s-013_20130608171709.jpg
これはシコタンハコベ色丹島で咲いているのでしょうか。

s-012_20130608171711.jpg
こちらはシャガ(射干)アヤメの花に似ているが白に紫班とオレンジ色が美しい。

s-011_20130608171713.jpg
ひときわ目立つタイツリソウ、あちらにもこちらにも。

またお邪魔しますのでよろしくお願いします。

再会した藤の花

10年前まで住んでいた家。私が植えた藤の花が見事に咲いていた。

s-007_20130608165910.jpg
現在の住人も良く手入れをして下さっているようで嬉しかった。
懐かしく思うのみで手に触れることもなく帰ってくる。

今朝の神宮の杜

今朝も日本晴れに促されてラジオ体操へ。

s-002_20130608164215.jpg
楓の古木に朝日が射して種のプロペラが沢山付いているのが見える。

s-001_20130608164216.jpg
日に日に変化を見せる帰り道、タンポポわたげは旅立ちまじか。

2日つづいて大通り公園

教育文化会館からの帰り、カメラの先輩Tさんと大通り公園へ。

s-002_20130607182938.jpg
お昼休みのひと時をズームアップ。

s-003_20130607182937.jpg
「パパとママちょっといっぷくするね」
パパの手作りカーかしら?タイヤも太くて乗り心地よさそう。

s-005_20130607182935.jpg
頭上を音もなくゆっくり飛んでゆく飛行船。
良い1日でした。~ありがとう~

今日の大通り公園

書道用品のアメミヤへ、先生に用紙を吟味してもらって購入、
一生懸命練習します。地下鉄で帰るべく大通り公園を通ると、
藤の花が咲いていた。

s-006_20130606183208.jpg

s-003_20130606183210.jpg
開花したばかりの初々しい藤の花は初夏の風に揺れそれはそれは美しい。

s-007_20130606183206.jpg
人が芝生に、ベンチに何時もより大勢いるなーと思ったら
昨日からよさこいソーラン祭りが始まっている。

s-008_20130606183205.jpg

4時53分です、これからますます人が集まって賑やかになることでしょう。

部屋の内と外

今日は外にも出ずに溜っていた仕事を片付けてほっとする。
ストレプトカーパスがこっちを向いて「少しお休み」という。
あまり可愛いので「パチリ」、よくみると外の花達が私もーと
言っているようです。

s-002_20130605151937.jpg

「晩年も花を愛した面影のストレプトカーパス爽やかにさく」

一昨年旅立った姉が育てていた花、今年も綺麗に咲いています。

朝から晴天

午前5時カーテンを開けると眩しいほどの青空。
数日怠けていたラジオ体操に行くことにする。

s-001_20130604205448.jpg

裏参道から入るとこの古木に出会う、どのくらいここに立っているのだろう。

s-002_20130604205447.jpg

北海道の厳しい自然が作り上げていく造形、神が宿っている。

s-003_20130604205449.jpg

三々五々集まってくる人々は手を清め本殿に参拝して
体操が始まる。参道で、林の中で、思い思いのスペース
をとって老若男女、とは言えシニアが多いです。

神宮の杜は呼吸をさせて頂くだけでイオンが体に満ち満ちて来る。
初詣をのぞいて364日よほどの悪天候でない限り休むことはない
とのこと。私は時々ですから気が引けます。

啓明やなぎ公園

啓明やなぎ公園は山麓通りに通じる環状線と西21丁目の通りが
交わるところにある言わば三角州のような三角の小さな公園です。
開拓の頃から此処に根付いているであろう太い太いしだれ柳が一本
どっしりと立っているので「啓明やなぎ公園」となったのでしょう。

s-007_20130603223231.jpg

はるママさんのライラックに触発されて近所の啓明やなぎ公園の
ライラックを見に行くともう満開。

s-004_20130603223232.jpg

カメラを向けるが風が強くてシャッターチャンスがない。
まず全体の姿を撮るが風に揺れている。

s-009_20130603223229.jpg
s-011_20130603223227.jpg

近づいて左手で枝を抑えて右手でシャッターを切る。
はるママさんのような花びらが六枚のラッキーラッキーライラックは
そう簡単には見つかりません。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク