FC2ブログ

雪やこんこん

子供の頃は雪が降ると嬉しくてもっとふれふれとはしゃいだものだが~~~
今朝のあけがたはまさに雪はこんこんと音もなく降って駐車場の雪は20センチほど積もっている。

s-001_201312301818284e5.jpg

間もなくあたりが明るくなるとともに雪は小降りになってきた。

s-004_20131230181827f04.jpg

s-014_2013123020302127c.jpg


あと1日で今年は行ってしまう、だんだんお正月らしく自然は装うものだなー。

s-003_20131230181825cea.jpg

地球上すべてをこの清浄な雪で、戦い、飢餓、放射能汚染、其の他もろもろの命を脅かすものを浄めて下さいと祈るばかり。      (写真はガラス越しに移す)

宝船

23日デジカメくらぶの例会後の忘年会は楽しかった。世話役の方々が趣向をこらした景品が今日になって手提げ袋から出てきた。子供の頃が懐かしく思い出される宝船に七福神の飴。

s-001_2013122719560965e.jpg

宝船はお正月の、初夢を見るために枕の下に敷いた、と言われる縁起物。
お宝を積んだ宝船には七福神が載っている。会員に喜んでもらおうとデジカメくらぶの世話人さん、いろいろと考えて選んだのでしょうね。現実を考えるとせめて夢だけでもと思う昨今、有難うございました。

今年も暮れる

昨日はバスで出かけて、帰りは4丁目から路面電車で帰宅。始発電車が着いた。「初音ミク」が車体に大きく描かれて瞳をキラキラ光らせて踊っている。なかなか見られなかったが今日はラッキー。

s-001_201312252146343d4.jpg

s-002_201312252146335be.jpg

早速乗ると発車までに超満員、どの人もどの人も着ぶくれて手に手に買い物袋を下げている。停留所に着くたびにかき分けて人が下りてゆく。年の暮れの慌ただしさを感じながら西線9条で下車、独り暮らしには遠い過去となった世界を垣間見た気持ちで家まで雪道をゆっくり歩いて帰って来た。

冬至

朝日が向いの家の屋根から手前の茂みを透して登ってくる。今日は太陽の高度が一番低く昼が最も短い冬至、子供の時の一年は長かったが傘寿の一年はあっという間に過ぎてしまった。

s-003_20131229143623f29.jpg


今日は冬至、おいしい南瓜を買って来ようと思っている時に電話が鳴った。
4階のkさんから「南瓜を頂いたの~4分の1手伝って下さる?」と。
農家の方から頂いたという南瓜を玄関まで届けて下さった。

s-002_20131222194854b35.jpg

kさんがひとしきり自慢話をして帰った南瓜です、おかげで本当にほこほこで美味しい冬至かぼちゃでした。
今年も暮れてまた一つ齢を重ねる。ここまで来たら一つや二つどうでもいいのだけれど~~~~
いえいえそうではありません幾つになっても「目標」を失ってはだめ。「介護をうけない」が目標です。

師走ははしる

今年は残るところあと11日、狭いながらも年末にしておかなければならない仕事はいろいろある、にもかかわらずなかなかはかどらない。

s-001_20131220182905ee6.jpg

12月と思えないお天気が続いて、雪は何度か積もったもの日中の気温がプラスになるので消えてしまう。ベランダの石竹の葉が紫色になってきれい。

s-003_20131220182907d42.jpg

小さな箱の中から随分前に北一ガラスで買ったガラスのクリスマス飾りが出てきた、狭いダイニングには丁度良い。

s-003_20131220182908dd0.jpg

いつも雑然としているコーナー少しは片付いたかな?

ビュッセでランチ

仲良し3人の今年さいごのランチ会、3人ともきちんと身だしなみを整えてどう見ても後期高齢には見えません。
昭和一桁生まれのプライドを内に秘めて、待ち合わせの時間と場所をきちんと守って家を出て来る。今日はJR駅前ビュッセのお寿司屋さんでお寿司ランチ、お寿司屋さんも最初にサラダが出て来るんですね。握りが7かん、茶わん蒸し、お吸い物みんな美味しくちょうど良い量、おしまいには美味しいフルーツがでました。

s-003_2013121920505582b.jpg

人気のお寿司屋さんなのであまりゆっくりできないのだけれど、たのしくお話をしながら1時間余り。
出たところにどうぞおかけくださいと椅子が並んでいる、3人で窓側に向けて掛けややしばらくおしゃべり、話の種は尽きません。しばらくしてコーヒーのお店に入ってまたまたおしゃべり、頭の中がだいぶ回転したと思います。

s-004_201312192050561ff.jpg

そろそろお別れ、来年もまた元気でランチしましょう~~ビュッセの玄関でそれぞれの地下鉄乗り場へ向かって行く。
元気でまた会えることを祈る年齢になっている3人です。

s-007_20131219205057645.jpg

駅前通りはすっかり暮れて並木のイルミネーションが瞬いていた。

ちぢみほうれんそう

ちぢみほうれん草を見つけました。はるママさんのとはちょっと違うようですが、たしかに「ちぢみほうれんそう」と書いてあります。

s-009_20131216221306d47.jpg

早速夕食に頂こうと袋から出してみてびっくり、一株の大きなほうれんそうとばかり思ったら7つの小さな株に分かれました。

s-014_20131216221305741.jpg

きれいに洗ってゆでて、シンプルに鰹節を振りかけて頂きました。とてもやわらかく噛めば噛むほど甘みが出でおいしいおいしい「ちぢみほうれんそう」のお浸しでした。

今年も届きました

故郷石川県から今年もおいしいころ柿が届きました。

s-001_20131215122141afa.jpg

白く粉が吹いてほたほた甘い「ころ柿」です。

s-004_2013121512214388e.jpg

「皮を剥いて吊るして乾燥させるというシンプルな加工」と栞に書いてあるが雨にあてないように手間をかけて完成させた宝石のような一つ一つ。先代、先々代と受け継がれてきた我が家を繋いでいる。

師走 街スケッチ

行きはバス、帰りは徒歩、疲れたら路面電車に乗って帰ろうと呑気に考えていたが、とうとう最後の13日は雪になって今年初めての雪道、転ばぬように全神経を働かせて無事帰宅できた。

そもそも外出が増えたのは「寝たきり,認知症にならないための健康ストレッチ運動」に参加の対象になったから。3回目の17日には健康アドバイザーが一人ひとりの健康状態をチェックして個人に合ったメニューを設定する日。これは行っておいた方が良いとは思うが一コース3か月冬に向かって続くかなー。

s-001_20131214101546ba3.jpg
バス停で  青空と秋雲と冬雲の三つ巴。

s-004_2013121410191496c.jpg
夕暮れ近く電車道りを歩いていると昔ながらの広告の無いオーソドックスな電車が通る。

s-005_201312141019122cd.jpg

すすきのからこちらに向かって来た電車とすれ違う場面に遭遇。

s-001_20131214101731b40.jpg

一変して雪の街を走る電車、これは北ガスの広告を纏っている。15丁目からから西線9条まで電車にのる。車内は満員、かき分けかき分けようやく下車するような状態。

s-002_201312141017308cf.jpg

西線9条で下車、何時も通るケーキ屋さんのツリーが瞬いているけれど今日は寄りません。

s-001_201312170938394ca.jpg
一夜明けて今朝は家の外壁に朝日が光って眩しい。気温は低いようだが陽が射し込んでストーブは設定温度を保っている。

s-004_20131214122044d20.jpg

今日一日暖かい。

アンスリュームもうれしそう。


クリスマス

今年はクリスマス飾りは出来ないなーと思っていたらツリー型のリースが届いたのでせまい壁面を利用して子供たちがおいて行った飾りも合わせて壁面クリスマス飾り。

s-002_20131209165154c0c.jpg

街はどこもかしこもクリスマスムードだが、我が家は密やかにそれでも少し部屋が華やいだような気がする。

リースが沢山

今日は妹たちと我が家で昼食、簡単ながら4人分の食事を用意するのは何年振りだろう。食事をしながらひと時の団欒。おっとっと写真を撮っておこう。

s-002_20131206211547ccf.jpg

お楽しみはそのあと、末の妹が手作りのリースを沢山持参、どれにしようかなー。

s-003_20131206211548c4f.jpg

s-004_2013120621154982e.jpg

3人で仲良く分けました。有難う

お互いに齢を重ねてはいるが、若かった頃と何一つ変わらないのが不思議。

お土産を沢山頂きました、有難う。

ショートケーキ

12月5日、11月中旬並みの気温と新聞に、暖房を止めても室温22度、こんな日は家に閉じ込もっているのはもったいないとばかりに散歩に出かける。ケーキ屋さんの前に来た、素通りできずに自分のために2個買う。
s-001_20131205125110be3.jpg

アップルパイが好き、一人で頂きます。

s-004 -

結構歩いたつもりだが5千歩ちょっと。でも今日のノルマは達成です。美味しいアップルパイ御馳走様でした。

消えたお茶会

きのうは今年最後のお茶会だったのに「今日は日曜日」と想った瞬間にすっかり頭から消えてしまった。誘い合わせていた仲間から電話が来たときはすでに遅し、約束を忘れたことは今までなかっただけにショック。

今年は傘寿だの80歳だのと、もてはやされてその気になっているうちに、こんな失敗をしてしまった。
齊藤史ではないけれど「80歳にもなればそりゃーあなた~~」ですよね。

s-004_201312021326034e7.jpg

今日は予定のないことを確認してゆっくりコーヒーを飲んでいると、ベランダから見える裸になった銀杏の木に烏が1はしきりに動くのが見える。レンズをズームにしてみるとギンナンのつぶつぶが見えた。いくら餌に不自由をしている烏でもあの臭いにおいのするギンナンは食べられないでしょう。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク