FC2ブログ

洞爺湖短歌観楓会

仲間6人、先生を交えて1泊短歌勉強会を紅葉の洞爺湖温泉で行う。s-007_20141028192644b3d.jpg
到着したホテルのテラスより望む夕暮れていく中島。

s-005_2014102819264253a.jpg
水鳥が群れになって水面を移動している、間もなく先頭が潜るといっせいに潜って1羽も見えなくなる。しばらくして潜った位置から相当離れたところに現れる。これを何度も繰り返していて見ていて飽きない。
しかしこの水鳥は何と言う鳥だろう?さあ夕食前に歌会を始めます、ずーと見ていたいけれど部屋にもどります。

第一目的は歌会です

和室にテーブルを二つ並べて気の張らない同志一首一首鑑賞批評

時はあっという間に過ぎてお膳が運ばれてきた 豪華な夕食

歌会は一時中断して宴の時間です 先ずビールで今日在ることに乾杯

などと言いつつまたまた時間は過ぎて、窓にどーんと花火が上がった

s-013_20141028192641f76.jpg
水上花火は素晴しい 船は左から花火を打ち上げながら右に向かって移動する(コンデジではむりですねー)

宴は中断、湖畔で見ようと言って駆け出していったが、残ったのは高齢者二人、窓越しで満足でした。
30分程で終了、再び歌会続行、終了したのは10時30分、なんと忙しい歌会でしょうか。

s-003_20141028192645802.jpg
次の朝の冷え冷えとした湖、「やうやうしろくなりゆく・・・・・」は春だが、ようよう白んできた秋の湖のほとりです。

送迎バスでホテルの人々に見送られ一路札幌へと帰路につく。また来年も来られますように。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク