FC2ブログ

今年も元気で

今年初めての3人のおしゃべり食事会、一応元気に再開できたのはうれしいことです。
「一応」とことさらに言わなければならないのは年齢的に3人ともそれぞれ健康に問題をかかえているから。
その中でも少し若くて元気なわたし、今日の行く先の読売新聞ビル2Fの「割烹結い」へ案内する役。
11時30分開店なので少し余裕をもって悠々と11時10分に行ったらもう満席。
なんということ!!!
雪道をようやく来たので仕方なく同じフロアーの○○水産のお寿司でお茶を濁すことにした。これが結構新鮮で美味しかった。来月改めて「結い」へ。
005_20150128215315c78.jpg
地下街を通って向かいの大丸デパートの喫茶店へ。ちょうど窓から読売新聞ビルが見えるテーブルへ案内された。

003_201501282153161eb.jpg
ここで食後のコーヒータイム、おしゃべりは自然の成り行きとして共通の話題、短歌のこと、老後(今が老後だけど)のこと。
おなかいっぱいおしゃべりをして満足しました。又来月元気でお会いしましょうね。


多肉植物

カランコエの鉢に去年の秋多肉植物を挿しておいた。カランコエが大きくなって沢山の花を咲かせている。時々水をやらなければ花房がおじぎをする。と言うわけでふと根元を見ると水を必要としない多肉植物さんヒョロヒョロと伸びて別人みたいになっている。
003_201501251703005b6.jpg
ベランダに射し込む日に傾いて伸びている様子が可愛い。

バスに乗って病院へ

今までは診察を受けて薬を1月分頂いてくる3軒おいて向こう隣の病院、主治医として本当にお世話になりました。最後のとき亡くなるとは知らず「お正月が来るから2か月分出しておくね」とおっしゃった先生に有難うございますとお礼を言ったのが最後でした。その薬があと数日分残っている。
今日行かなければ切れてしまうので、紹介された病院へ。診察をして下さった先生が「4月から病院再開するから安心して」とおっしゃった。亡くなる前の先生の遺言「今まで通ってきた患者が沢山いるから医者を派遣して病院を再開して下さい」とのことだったそうです。あまり無駄なおしゃべりはなさらない、一寸こわい先生でしたのに、また胸がつまりました。

誘われて 1月21日

誘われてやむを得ず小樽の新年歌会に参加。幸いに昨日までの吹雪は治まって電車も定刻通り運行してくれたのでホッとして出かける。小樽到着、分乗してタクシーで会場へ。

002_20150123204403c5c.jpg
ここ小樽より結社新墾は創始者小田観螢師によって昭和5年に発刊された由緒在る地。
年々会員は老齢化と共に減少、それでもきょうは札幌からの参加者も交えて42名となかなか意義のある歌会でした。
新年懇親会は「しかま寿司」と言う美味しいおすし屋さん。
001_201501232044045ef.jpg
このあと小樽の美味しいお寿司がならんだのに残念、思わず頂くほうが先になってしまいました。
誘われて参加と消極的だったのがうそのよう。小樽の会員の皆様楽しい新年歌会を有難うございました。

すずめ

郵便局までの10分ほどのだらだら坂を歩く。勾配はゆるいので見た目には平らに見えるが、10分も歩くとけっこう息が切れる。途中歩道の上のほうに賑やかなすずめの集く声がした。しばらく聞かないすずめの声、本当にすずめだろうか?と思って見上げると藪のような木に沢山のすずめが集まってちゅんちゅんと賑やか。カメラを持っていないので携帯で撮ってみたが
ただのモノクローム、すずめも見えなければ、可愛い囀りも聞こえない。


20150119122216.jpg
考えて見ると昔から身近にいた雀を、昔の人はちゃんと暮らしの中に取り入れていた。「舌切り雀」のお話また例え話として「朝雀夕からす」「雀の涙」「雀百まで・・・・・」などなど~~~
今日しばらくぶりに群雀のちゅんちゅんという声を聞いて懐かしさと嬉しさでこんなことを思って記す。

市役所へ

ちょっとした書類に固定資産の評価額の証明が必要になった。明日からお天気が悪くなる予報なので、今からでも間に合うと大通り4丁目行きのバスに乗る。
002_20150118045453c4f.jpg
4時20分、ぎりぎり間に合う時間。

004_20150118045456395.jpg
市役所2階、簡単に書類は出してもらった。いつもは離れて見ている市役所、見上げると高いなー。

003_20150118045454c16.jpg
折角出てきたので丸井デパートの靴売り場によって、「雪道しっかりキープ」のブーツを買う。ちょどセールが始まっていたのでまあまあの値段。店員さんも心得たもので年配者にはとても親切、何回もはいたり脱いだりしてもいやな顔もせず、これと決めたら防水スプレーをかけてつやつやにして丁寧に包装をしてくれた。さあ、これから春まで安心(用心用心)して出かけられます。元気で今のところはこれくらいの用事はこなせると確認した一日でした。

涙がぼろぼろ

主治医が亡くなって悲しみから抜けきれないでいるうちに、最後の診察で「お正月が来るから2か月分出しておくね」とおっしゃって渡された薬がそろそろ切れそう。これからは紹介されて以前入院した病院へ行くことになる。その前にお世話になった看護師さん、受付の方にお礼が言いたくて午前中に訪れた。先生のいなくなった病院は本当に火が消えたよう。涙が止まらなかった。

       010 - コピー
               カランコエ 次つぎと咲いて慰めているのね。

新墾新年歌会 (1月12日)

毎年新年歌会は和服で出かける、それは娘と言う運転手を抱えているおかげです。

008_20150116113651bd5.jpg
夕べ少し降ったので車の雪を払ってから玄関わきにつけてくれます。バスでいくと乗り降りが大変だが、約10分ほどで会場のホテルに到着する。

受付開始は午後1時、歌会開始までやく1時間会員の皆さんと新年の挨拶を交わし思い思いの席について、早速プリントされた歌稿を真剣になって読む。
001_2015011612015233f.jpg
選者の先生方も緊張ぎみ、掲げられている墨跡は85歳の女性会員の筆による。

P1120852_2015011611365379a.jpg
今年の参加者は41名、幹事さんの進行でいよいよ歌会は始まります。緊張の2時間半、ぼけそうになる脳が活性化する瞬間です。何時どの歌を当てられるか分からない、この年齢になってこうしていられるのも短歌に出会ったおかげかもしれないなー。


主治医

ずーと頼りにしていた主治医が亡くなられた。
11月末に毎月の診察と投薬でお会いしたときに「お正月になるから今回は2か月分お薬出しておくね」とおっしゃって今までに無いことお薬を2か月分頂いてきた。今思うと、その時の先生は顔色が何となく白くてほっそりとして見えた。
年が明けて5日頃だったろうか新聞の死亡広告に先生お名前をみた。亡くなられたのは12月29日。葬儀はすでに済まされ1月11日お別れ会と書かれている。
必要以上の薬は出さない、それがなによりの信頼であった。患者の異常を察知すると、専門の病院を紹介して手術、治療を受けさせる。退院後はまた同じように診て頂いた先生。年齢64歳、ご自分の病気のことは一切語らなかった。
長い間お世話になりました、明日のお別れ会には出席します。~ご冥福をお祈りいたします~

カランコエが咲いた

005_2015010815484324d.jpg

カランコエの花を咲かせたくて秋に短日処理に精を出し、冬になってからは花が咲きますようにと毎日覗きこんでいた。
年末は忙しくてすっかり見るのをわすれていたカランコエ、お正月になってからふと見ると窓に向いて3輪咲いている。
可愛い3姉妹明日になったらいくつ開くかなー。次つぎ咲いてくれるので当分楽しめます。


例年の親族新年会

1月3日毎年慣例になっている親族の新年会が弟宅にて行われた。
親子3代総勢20名、お酒、お料理それぞれ持ち寄り、テーブルの上いっぱいに並べられた。

003_20150108152154ce9.jpg
親戚同志が仲良く、楽しく、年齢の差60歳に何のわだかまりも無くお酒が回ってくると席もいつの間にか入り乱れて話が弾む。
午後3時から始まった宴は気がつと5時間たっても話の種は尽きなかったが後を若い元気のある人にお任せして帰ってきた。何時も宿を提供していただいて楽しい時間を有難う。

平成二十七年元旦

平成二十七年は明けました。
青空に白い雲がゆっくりと流れているのか、いないのか分からないように浮いている。今年1年を予想していると思いたいような元日の空です。
402.jpg
なますと黒豆は自分の味で、お雑煮もおだしを取っておいたので母から受けついだおすましじたて。
ブログ用写真を撮り忘れてしまった。
そうこうしているうちに、年賀状が届いた。年齢とともに差出名簿を整理したので、20枚ほど返事を書いて出すことになる。

001_2015010114495052e.jpg
     娘の趣味の作。お正月になると毎年飾るのがしきたり。

403.jpg
管理人室の窓口にお正月飾りが。新しい管理人さんこんな心遣いをして下さる、ほっとします~~有難う~~
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク