FC2ブログ

寒冷前線のいたずら

昨日は午前中太陽がまぶしい程のよいお天気でした。ところが午後、空は一転して真っ暗、間もなく雷鳴とともにざーと降ってきた。見ると雹がまじってアスファルトのうえではねている。明るくなったり、暗く鳴なったりを夜まで繰り返していた。

007_2015093011240064e.jpg
今朝うらのミニ野草園を見に行くと、ムシトリナデシコが咲いていた。一輪採って来てグラスの入れてみました。

002_2015093011235903a.jpg
名無しの権平さんのこの花は昨日の雷雨に叩かれて葉っぱだけが一面に広がっていました。こんなに芸のこまかい可愛い花を咲かせているのに、ネットで眼が痛くなるほど調べても判らずじまい。~だれか知っている方教えて下さい~(9月18日の秋草も参照)

十五夜さん

今夜は中秋の名月十五夜さんがみられる夜です。それもスーパームーンですって。

中秋の名月と言われ、昔から1年で1番美しいお月様です。月と地球とランデブーです。

特に美しくまぶしい”スーパームーン”是非お月様お顔を見せて下さいませ。

001_20150927090615886.jpg

管理人さんがご親切に、ススキ、がまの穂、オオウバユリの実、ホウズキを採って来て下さいました。
お月見団子があれば最高、あとはお月様が顔を見せて下さいますように祈るばかりです。

   ひさかたの風雨の後に現るゝスーパームーンに願いをかけむ

002_201509271947048fc.jpg
日中の雷雨は何処へやらこんなに美しい満月が輝いています。(午後7時50分)

008_20150927195110a68.jpg
コンパクトデジカメで手持ち、ベランダの手すりに腕を固定して何枚も撮ったうちの2枚が写っていました。

秋は夕暮れ

秋 は 夕暮れ。

夕日 の さし て、 山の 端 いと 近う なりたる に、

烏 の 寝どころ へ行く とて、三つ四つ、 二つ三つなど

飛びいそぐさへあはれなり。 まいて雁など の つらね たる が、

いと ちいさく見ゆる は、いとをかし。日入りはて て、風 の音、

虫 の 音など、 はたいふべき に あらず。

401_2015092413574238e.jpg

思えば文化祭のために一生懸命変体かなの枕草子を練習したことがあった。
今年は何もできないうちに、シニアネットのメールは文化祭一色。みんな一生懸命。
枕草子の「秋は夕暮れ」を読みながら秋たけなわを感じるのみ、さみしいねー。

小雨そぼ降る

音もなくただ天から真っ直ぐの白い線を引いて降っている雨、外に眼をやらなければ曇り空の静かな午後といった感じ

001_201509191422269bc.jpg
葉っぱの先のしずくが溜まっては落ちる。

002_20150919142306b82.jpg
見逃してしまいそうな葉の陰影がこんな曇りの日なりに美しい。

003_20150919142224553.jpg
枝のしずくがレンズになって何かが写っているのはおもしろい。なんだか枕草子をまねたようになってきた。
現代のように世の中がめまぐるしく変化しない時代は、自然の変化をこのようにして楽しんだのだろうなと思う。

ホオズキの花言葉

管理人さんがエントランスの小窓にホオズキを飾って下さいました。
010_20150918101613286.jpg
先日までは百合の花でした、玄関を入ると仄かな百合の香りがこの上ない心地よさで迎えてくれました。
今度は秋を彩るほおずきです。ススキが添えられてさすが庭師の管理人さん。ふとホオズキの花言葉を調べてみるとなんと「偽り、ごまかし」とある。どうして?と納得がいかず先を読むと、「見かけは大きな果実なのに、皮とタネだけでで中身が無いこと」からきていると、とありました。~なるほど

秋草

しばらく見ないうちに裏のミニ野草園の主役がすっかり入れ替わっていた。
006_20150917202710543.jpg

この草は何というのか名前はわからないが去年は遠慮がちに咲いていたのに、なんと今年は土を一面に覆っている。小さい花が二つ並んで咲いているのが面白い。

005_20150917203811714.jpg
ホトトギスにクマンバチが飛んできた。この花の蜜は花の付け根に在るらしい。どの花に移っても体をまるめて蜜をすう。種は確実に実をむすんでいる。
この小宇宙を見ていると、テレビで延々とやっている国会の醜態、戦争を体験した者としてただただ嘆かわしい。

秋晴れ

一日中秋晴れのよいお天気、先日娘が来た時の布団をお日様に当ててふかふかになった。
布団を取り込んでからじっとしていると眠くなるので、ミニ探検に出かけた。近くでもまだ行ったことの無いところがある。
車の通らない住宅街を角を曲がりながら行くとアカシア公園とかかれた小公園にでた。立っていたボードを見るとこの辺は昭和16年に円山村から札幌市に合併されたと書かれている。これは知らなかったことなので大発見をしたような気持ちになった。そういえばこの辺の道は碁盤の目から外れていて曲がりくねっている。

003_201509161700042c5.jpg
しばらくベンチに腰を掛けて子供達が楽しそうに遊ぶ様子を見てから帰ることに。

004_20150916165909834.jpg
スズカケの木の大きな葉がさやさやとなる心地よい秋、こういう季節を爽秋って言うんですね。

家に帰って歩数計をみると、ずいぶん歩いたようでわずかに2500歩、でも楽しいミニ探検でした。

間もなく敬老の日

玄関のチャイムが鳴って町内会長さん民生委員さんがお見えになった。
「お元気ですか?今日は敬老の日のお祝いのお品を持ってまいりました」とにこにこ笑顔のお二人。
時々お見えになるのですっかりおなじみになりました。有難いことです。

002_2015091421363171c.jpg

敬老の日とは言うものの最近はお年寄り人口が増える一方で、先日の入院体験からも病気で長生きは、なんとしてでも自分の努力で回避しなければならないことを痛感した。後何年在るかわからない人生を、楽しく生きてゆく努力は怠らないでとつくづく思う今日でした。記念品の美味しいお茶を入れて好物の和菓子を頂きます。有難うございました。

ドライフラワー

100万本のバラには遠く及ばないが私にとっては有難く大切な真紅のバラ。
どうしたらずーと美しいままで私のそばにとどめて置けるのだろう。考えたがこの方法のほかにはない。

002_201509100954090bc.jpg
どうか綺麗に乾燥しますように、雨模様なので湿度が高く気がもめます。見守るしかない。

住職

我が家の菩提寺の住職は大学で仏教哲学の教授だった。退職後はあちらこちらの大学で講師を務めていらっしゃる。
お寺の坊守は住職の姉に当たる方。お寺の行事の在るときは京都からお帰りになると言うお忙しい方なのだ。
その住職がわざわざお盆のお参りがこちらの都合で出来なかったので、お見舞い方々お寄り下さった。
001_20150910095410705.jpg
ひと月遅れのお盆のお参り住職と声をそろえてお経を唱えました。
お参りの後わたしの病状などお聞き下さって、住職も安心して空港行きのシャトルバスにのって京都へお帰りになりました。有難うございます。

真紅のバラ

昨日は親しい友達4人が集まってもう一息頑張ってと励ます会を設けて下さった。
401_20150906170103bb5.jpg
真紅のバラを頂いて胸が熱くなった。考えると自分でも大変なことをやり遂げたのだと気が付いた。無我夢中は今も続いているのでこんなことでもなければまだ気が付かないでいたであろうに、友達とはありがたい存在である。

002_20150906170105c45.jpg
ふと見ると気分転換に飾ったひまわりが笑っているようで、やはり励ましのうちなのだと思う。

ベランダから下を見ると植えた花の間に草が大きく伸びている、外に回って綺麗にしたいなーと思うが、土にはいろいろな菌が棲んでいるので、触れないようにと言われている手袋をはいてもだめかなー。

気分転換

狭い家の中では自由とは言いながら2,3日一人でいると気がめいる。今日はひとつ気分転換をしよう。

50年ほど前に江差に観光がてら夫の運転でドライブをしたことがあった。ニシン場で栄えた街はひっそりとそこで息づいていた。
道に沿って歩いてみると懐かしいものが目に付いた。ニシン大漁の頃栄えた笊、籠を竹で編んでいる笊やさん。今では花かご、買い物籠、ショルダー籠などなど現代風にアレンジしてとてもよいものが並んでいた。その中の花かごをひとつ買った。
もう夏も終わるので今でなければとそのときの花かごに花をいけることにした。
007_20150905142539611.jpg
50年もの間出番はあまり無かったがやはり思い入れのようなものがあって捨てられずに今日まで無事。

004_20150905142538b45.jpg
やはりこれも箱にしまわれていた時間が長いが、能登を旅した30年前買った九谷焼の香合、何度出番があったかな?と言うわけで今日は小袱紗にのせて飾りました。

大雨 (9月2日)

昨日の晴天に打って変わって今朝カーテンを開けると外は土砂降り駐車場を水が流れている。
001_20150904104850f8e.jpg
外に出られないのでベランダから1枚シャッターを切って逃げるように家に入った。
1枚の写真では判らないがここしばらくは記憶に無い大雨、左下の大きなしずくがリアルかな。
木の葉も幹もきれいさっぱり洗われている。巣くう病も流してくれないかな・・・・。


それでも夕食の材料が無いので、長いレインコートを着て傘の大きいのをさしてちょっと離れたお魚屋さんまで行ってきた。
雨の中折角来たのだからと、いろいろ取り揃えて3日分のお魚を買った。とぼとぼ家に帰り着いたときは前のスカートの裾が絞るようになっていた。なぜか子供のときを思い出して懐かしくなった。

緑ヶ丘公園へ

副作用なんてふきとばせ・・・・て気持ちで緑ヶ丘公園へ。001_20150901202924737.jpg
秋は確実に近くまで来ていました。公園について直ぐ入り口の高い木に実が沢山下がっています。
ツリ花かな?風に揺れてピントが合わない。

002_20150901202925211.jpg
ナナカマドがこんなに色づいている。

006_20150901202926f89.jpg
これはヤドリギ,なんと木に宿らせてもらいながらちゃんと実をつけているよ。

008_201509012029295c4.jpg
上ばかり見上げていたら首が痛くなってふと見ると、おやっきのこが生えている。
この木は間もなくきのこ菌に負けてしまうね!

公園には子供達のキャッチボール、お母さんにつれられて滑り台、砂場遊びなど賑やか。
すっかり気分転換して、スーパーに寄ってかえりました。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク