FC2ブログ

牡丹に逢いに

妹から牡丹が今咲いているから見に来ない?と電話が来たのは昨日。
私にとっては可愛いわが子に会いに行くような心地の牡丹、何はともあれ1日でも早く行かなければ牡丹の花の命は短い。
早速お天気もよく何の予定も無かったので今日は朝からいそいそと出かけた。

牡丹
5年前花屋さんの店先の隅で、瀕死の状態だった一鉢の牡丹と巡り会った。わたしが買って育てよう、と100円で買ったのがこの牡丹、2年目でようやく大輪が3個咲いた。嬉しくて、可愛がっていたが、もう鉢で育てるのは無理の状態になって、妹の家の庭に移した。そして今年も無事に咲いてくれた。

牡丹2
大輪が3輪姿も美しく咲いていました。
お昼をご馳走になりおしゃべりを沢山して帰って来た。
「あいの里教育大」駅発車2時30分、札幌駅着2時56分ころ、バスターミナル発3時2分のバスに乗って腰掛けて間もなく発車、家に着いたのが3時30分。丁度1時間かかって帰宅、こんなにとんとん拍子に帰ってこれたなんて、83歳の年齢にしては上出来。
健康に感謝した1日でした。

ホウチャクソウ

ほんの一株譲り受けたホウチャクソウが、今は小さな野草園を独り占めしている。

ホウチャクソウ
ユリ科、背丈30センチほど。在る日突然先のとがった芽を出したと思ったら4,5日ほどでこんな状態、その1画は一変する。

ホウチャクソウ2
花は恥じらうように葉の陰にうつむいて咲く。花の盛りは1週間ほどでおわりはかない命なんです。ナルコ百合に似るが有毒とのこと見かけによらないものですね。

黒百合

2,3日裏に行かないうちに、黒百合がほかの野草に混じって咲いているではありませんか

黒百合
うつむき加減に咲くその花は、アイヌの可愛いメノコ(娘さん)の悲恋物語に相応しい。

黒百合 (2)
ほかの山野草はどんどん繁茂して土が見えないほどなのに、黒百合は、去年と同じ場所に同じように3輪花をつけただけ。
夕日が射して今日1日の美しさを放っている。
カメラを構える足場がが無いほどいろいろな草花がしげっているので横向きで失礼しますって感じ。

やがて3年

早いもので平成25年8月1日にここへ引っ越してやがて3年が経つ。
植木鉢のライラックを土に植えてから今では丈が70センチほどになり、今年は花が13房、赤紫の花は今が5部咲き。
ライラック
大きな花房がそよ風にゆらゆら揺れてなかなか焦点が合わない。

フウロソウ
何年か前に東京の娘が山野草を毎月12ヶ月贈ってくれたことがあった。その時ロックガーデンにして楽しんだひとつ、フウロソウ、去年は花がひとつか二つ咲いて喜んでいたが、今年はこんなに咲いて莟もたくさん。

スミレ
このスミレの群生、去年は2,3本だったのに、種が飛んだんだねー。

ベランダの下の細長い花畑がだんだん賑やかになってきた。お次は何の花が咲くでしょう。~~たのしみ~~

夕暮れの中島公園

用事を足してバス停に行くと20分ほど時間があるので、暫くぶりに中島公園の中を歩いてみた。
菖蒲池
菖蒲池の水面はなめらかに影を映している。

中島公園
真っ赤な大きな太陽が今にも山の陰に落ちていくのが木の葉がくれに見えた。

ヤマザクラ
少し行くと数日前の強風にもめげずヤマザクラが夕間暮れに咲いている。

ライラック
そろそろ行かないとバスが来る、ライラックが花房を重そうに咲いていたのでパチリと一枚撮ってバス停へ。

ムスカリ

ムスカリの花が白いフリルをつけて咲きました。
ムスカリ
花の名はムスク(麝香)のような香りからきているとか、すべての種類が香りを持つわけではないと言う。花言葉は「失意、失望」とある。何と気の毒な。

ムスカリ (2)
去年まで葉だけしかなかったのに今年は親子のような花を咲かせたムスカリ。今は亡き姉から貰い受けたライラックの土にまじってきて四年目、ようやく咲いた、来年、再来年と増えていくことでしょう。

山野草三種咲きました

毎年春になるとこの辺に芽を出すはず、と眼を凝らしていると期待通りに芽を出してくれる山野草。
今年も咲き始めました。

ひとりシズカ
一人静です。
ヒトリシズカ眉掃草の別名もつ楓の下につくづくと見る
すみれ
スミレです。
なんて楚々としているのでしょう。去年の秋にたくさん種を飛ばしたと見えてあちこちから芽を出した。

菊咲き
まぶしそう。菊咲きイチリンソウか?
花が薔薇のようで改良されたものか、調べてみたが判らない。
芽を出してこれから咲き始めるのもあって楽しみ、順に記録したいと思うがどうなることやら。
今日はここまでです。

桜並木

五月一日に円山公園のさくらを見に行ってきたが、青いシートが敷きつめられ煙をもうもう上げて焼肉をしている人たちに占領され、花見気分にはなれなかった。
あれから2週間、「五条通りの桜並木が見ごろだよ」と娘に促されて朝食を済ませてから二人で行って来た。

本当に美しく咲いていました。雲ひとつ無い青空に映えてずーと向こうまで~~~。歩いてみることにしました。

さくらのトンネルです。八重のさくらは重たそうに満開でした。この通りにすんでいる人は幸せですねー。

さくら
高いマンションから見下ろすさくらもさぞ美しいことでしょう。
並木のはじめから歩き出して、円山の麓まであるいてしまった。
何組かの花見客に出会ったが、みな写真を撮りながら歓声をあげさくらをめでていました。今年のさくらの見納めが出来ました。


プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク