FC2ブログ

うっかりミス

昨日の出来事、うっかりミス。
延びのびになっていた眼科の検診に暑かったが2時半ころに思い切って出かけた。
サングラスをかけて、日傘を差して準備万端、てくてく歩いて20分ほど、眼科の待合室はクーラーが効いてとても快適。
15分ほど待って順番が来た、診察を終えて会計の窓口で、うわーどうしようお財布をわすれてきたことに気付く。

仕方が無いもう一度家に戻ってお財布を持ってこなければならない。暑さが全身を包む中又テクテク家まで戻る。
家につくと食卓の上にお財布がちゃんとおかれている。バッグに入れ忘れたのだ、残念。
どう頑張っても直ぐに引き返す気力は無い。汗をかいた着ているものを取り替えて、夕方になるのを待って再度挑戦、お財布を確認、ちゃんと入れました。帰ってきて歩数を確認すると4922歩。暑さでボーとしていたんだね。 ~お疲れ様でした~

お茶
先日お裾分けに頂いた美味しいお茶とお菓子で疲れを癒しました。
夜寝る前に足首が痛くなっていた。湿布薬を貼ってさすってよく歩いたねと労わってやる。
  

秋の気配

今朝から雲ひとつ無い晴天だったのに、お昼が過ぎたころから空に怪しい雲が張り出してきた。もう早秋の気配。

雲
雲の動きは早く、見ているうちに青空が消されてゆく。台風はまだ本州に上陸していないが、前線の影響か?雲行きが怪しくなってきた。次つぎとくる台風の被害で農家の人々は実りを前にして戦々恐々。何とか被害が最小限度に治まってくれることを願うばかり。
ベランダ
「狭いながらも楽しい我が家」と、これは昔唄われた言葉だが、実に我が家はその通り、狭いベランダに数鉢の鉢花を置いて楽しんでいる。朝カーテンを開いて「おはよう」と眺めて水遣りをする。庭があったころのことはもう思わないことにしよう、この花たちが慰めてくれるから。こんなことを思ってキーを打っていると胸の辺りがググッと詰まってくる。  さあ今夜は何をして食べようかと気分転換しましょう。~~近づいてくる秋のせいですね~~

ひとめぼれ

三越のカタログのお中元で注文したのは、いろいろ悩んだ末、毎日頂くお米にしました。

ひとめぼれ
山形県産の「ひとめぼれ」でございます。特別栽培米と書いてあります。
さぞかし美味しいお米なのでしょうね。2キロづつ小分けになっているので、とても扱いやすくなっています。
時々食事の用意がおろそかになって、手抜きなどしそうになりますが、美味しいご飯があればお料理にも熱が入るというものです。
朝食と夕食はご飯なのでお惣菜作りにも力を入れて有難く頂戴いたします。義之さん毎年有難うございます。

台風の余波

台風が次つぎと近づいて道東の方では河川が決壊して床上浸水したところが在る。
その次の台風もまたまた北海道に近づき、やはり道東に上陸するらしい。被害の少ないことを祈るばかり。
今朝俄かにざーと大粒の雨が降ってきた、風がないので一直線を引いて降ってくる。静かな雨降りは木の葉に沢山の雫をつける。

台風
ベランダのペチュニアは雨に当たって気持ちよさそう。
雨雲が立ち込めて暗くてうっとうしい。テレビでは台風関係のニュースが続く。

採れたて野菜

今日は嬉しいことに実家の佳子さんが採れたての新鮮野菜を届けてくれた。
素人裸足の佳子さんの作る野菜は、味がよくて新鮮。

野菜1
わたしの大好きなトマトをはじめ、ズッキーニ、紫の大根、ピーマン、茄子、ささぎ、ゴーヤ、キュウリ、全部で8種類の野菜がそろった。
野菜2
ピーマンの大きいこと、スーパーで何時も買っているピーマンの倍以上はある。
早速、紫大根(名前があるんだろうな)とキュウリで酢の物、ささぎは冷蔵庫の在庫の油あげその他でお煮しめを作り今夜のおかずが出来ました。
二人で食べても何日もかかりそうなので、親しくしている四階の奥様に少しおすそ分けに届けたらとても喜ばれました。
明日はゴーヤチャンプールを作ろうと思います。佳子さん本当に有難う、トマトを毎日頂きます。

墓参

故里に先祖代々のお墓が在る。
去年は嫁いで以来はじめて病のために、墓参がかなわなかっった。
代わりに東京から見舞いに来ていた娘を交えて3人の子供達での墓参だった。
今年は7月13日、お天気よし、準備よし、忘れ物なし娘の車で朝7時に出発。
2年ぶりに越える中山峠、峠を下りて喜茂別の町近くなると、懐かしい羊蹄山の頭が見えてきた。

山1
カメラを出して走る車の中から刻々代わる山を映してゆく。

山2
近づくにつれ裾野までが見えてくる。

山3
もう目の前に聳え立つところまでやって来た。後は裾野を廻って羊蹄山からだんだん離れていく。
霞がかった羊蹄山、道の両側のみどり田舎道なので車の数も少なく快適なドライブ日和。

お墓
お墓についてお掃除を済ませお供え物を供えて後は、住職にお経を上げていただくばかりです。
打ち合わせの時間どうりに住職はお見えになり、お参りも無事に終わることが出来ました。

蕎麦屋1
蕎麦屋2
帰り道真狩村の畑の中の1軒やのお蕎麦屋さんに寄りました。
「そば屋 いし豆」です。娘がネットで調べたようで、11時半開店なのに車がいっぱいで、入り口には行列が出来ています。
わたしたちも並びました。約30分位待って入ることが出来ました。

蕎麦屋3
笊そばです。行列が出来るだけあってしこしこと美味しいお蕎麦でした。
お蕎麦でしばし疲れを癒して、真狩村の新鮮野菜をいろいろ買って、一路札幌目指して帰ってきました。
少し暑さに負けそうでしたが良いお墓参りが出来ました。~~お疲れ様~~

空の色

昨日は友達5人と小樽の歌会に参加、楽しい時間を過ごしてきた。
小樽は私たち5人をふくめ15人のこじんまりとした勉強会。お菓子、コーヒー、中には自宅の菜園で採れたきゅうりのお漬物などあって打ち解けた雰囲気。
一人一首を披講しあい先生の講評を頂いて歌会終了後は、小田観螢の第一歌集「陰り沼」を読む会の最終回、10回に亘って完読して感想を述べ合い先生のお話を聴いて終了。
小樽往復はJRバス、帰り道の車窓から見る小樽の空は群青色。あまりに美しかったので、走るバスの窓からパチリ、パチリ。

空1
板取の向こうは小樽の街。

空2
小樽湾の向こうに蜃気楼のように見えるのは余市のほうだろうか。

空3
雲ひとつ無い空、気温は26度、とても快適な1日でした。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク