FC2ブログ

春は足踏み

朝9時の予約で歯のクリーニングに「緑ヶ丘歯科」へ。
チラチラと小雪が降っていたが近くなのでコートと帽子で傘を持たずにでかける。

今日の予定は歯医者さんを終えてから、暫く振りに妹宅を訪問すること。
歯医者さんを出ると、雪が雨になっていたので家に戻って傘を持って来ようと歩き出したが、そこに丁度よくバスがやってきた。
バスに乗って電車に乗れば傘はいらないとそのままバスに乗る。
今年になって初めての訪問なので、妹夫婦と昼食を頂きながらゆっくりとおしゃべりをし、お互いの健康を確かめ合い、楽しい時間を過ごして帰って来た。
一日中冷たい雨が降りつづき、停留所でバスを降りてから家までの2,3分ほどの間、傘がないので家まで小走りに走ろうかと思うも、若い頃のようには行かない。所々に雪が残っているので、転んでは大変、足元を確かめながら無事に帰宅。

オンシジューム
ドアを開けて部屋に入ると、「おやっ」と思うほど良い香りがする。何の香りだろうとあたりを見回すと、昨日買って来たオンシジュームだ。
1日家を留守にして帰って来たときに、こんなに良い香りで迎えてくれたオンシジューム。
春の花たちに会えるまでのひと時を慰めてくれるオンシジューム「むれすずめらん」との別「名がある。

オムライス

三階に住む娘は毎日出勤するので、土曜日の朝だけは私のところで朝食を一緒にする習慣がずーと続いている。
その続きでたまには掃除機をかけてもらったり、それぞれの溜まっている話題を語り合ったりして過ごす。
ところが先日の土曜日は出勤日だったので、日曜日の朝食を娘が用意してくれることになりこちらから三階へと訪問することになったが、これは今までに無かったこと。
お弁当は手作りしているようなので、何を食べさせてもらえるだろうと楽しみにしてエレベーターに乗る。

オムレツ
出来上がったのはオムライスです。
考えて見ると、こうして娘の家を訪問して朝食を共にするのはこれが始めてだ。
今まで考えたことがなかった、親のところに来て食事をするのが当然と思っていた。
しかし親の年齢とともに、いつの間にか気がつけば親子の関係は逆転しつつあると、オムライスを食べながら思った。
もう既に掃除機をかけてもらったり、買い物に車を出してもらったりとヘルパーさんがわりをしてもらっている。
昨日もテレビで痴呆症の問題が放映されていた。元気で長生きしなければ。

オムライスご馳走様でした

着物でランチ

2日前の雪がまだ解けずに残っていて、最悪の道路状況。
楽しみにしていた「着物でランチ会」足元がわるいので着物で出かけるのは無理と昨夜から悩んでいたら、わが家まで車で迎えに来てくださるとのこと、持つべきはよき友、お言葉にあまえて着物で出かけることができた。

着物でランチ
場所はいつもの「細川サロン」で、今日は「童夢亭」というお店からのおとり寄せ弁当。
蓋をあけると美しく色とりどりに盛り付けられていて食欲をそそる。ご飯とお味噌汁も添えられ、ノンアルコールのビールで総勢7名、乾杯から今日のランチ会は始まりました。
一人暮らしの食事はいくら手をかけたとしても、相対する人が居ない、というだけで侘しく張り合いのないもの。
ひと月に一回でも、こうして友達の輪の中に誘っていただいて楽しい時間がもてる、考えると幸せに生かされているとつくづく思う。
    今日一日に感謝

春の雪 3月23日、24日

朝カーテンを開くと一面銀世界、えーーどうして!!!。
ようやく解けた雪、冬靴を春の靴に取り替え、コートも春のコートにと思っていた矢先の雪です。

雪1
車は雪の布団を被り、木には雪の花。約15センチの積雪です。

ゆき2
間もなく除雪車がやってきて、狭いところをくるくると器用に廻って雪を運び出す。
こうして春は一進一退、ここ数日は低気圧が居座るらしく、春はしばしお預けになるらしい。

ファーストレディ

このごろのニュースを見ていると、劇場型ワイドショーとでも云うのだろうか、同じ顔が登場しては消える。
漫然と見せられて、時計を見ると夜もすっかり更けている。明日に差し支えてはと、あわてて疲れた目に目薬をさして床にはいる。
なかなか眠られない、今見終わったワイドショーで、納得できない事柄が頭を駆け巡る。

    ファーストレディー公人私人問はれいてやまとなでしこなれば侘しき




なでしこ」
去年の「カワラナデシコ」なんて繊細で清らかで美しいのだろう。(中島公園で)


花を召しませ

フラワーショップの前を通った。
卒業・就職・転勤などに加えてお彼岸と、お花屋さんは賑わっている。
そうだ、わが家にも花を買ってかえろうと、買い物帰りにフラワーショップに寄って見た。

はな3
「花を召しませ春の花  桃に菜の花  さくらそう」と思わず昔口ずさんだメロディーが口をついて出てきた。
お仏壇にお供えして離れてみると、部屋がパ-ッと明るくなったよう。

花2
おもわず可愛くて買ったガーベラ一輪、長い間冬色一色の生活だったのでこの色に憧れていたようだ。
一日でも長く咲いていてほしいから、毎日新しい水をあげましょう。

今日は一時から新墾歌会、市民ホールまで車で送ってもらうことにした。ラッキーでーす。

春の陽気に

春は曙、ではないがなんとなく春の陽気に誘われて、ドライブがてら少し遠出をして、美味しいコーヒー店へ連れて行ってもらう。
コーヒー3
家を出てから30分足らずで着いたところは「星乃珈琲店」。
あまり聞きなれない名の珈琲店、車の往来の激しいところなので、駐車場が広くとられた新しく出来たと思われるお店だ。

コーヒー1
お昼近くだったが、余り込んでなくて直ぐに席に案内される。
普段は独りでは甘いものはほとんど食べないので、今日は美味しいケーキとコーヒーをと、二段重ねのホットケーキを注文した。
メニューの写真には、大きないちごが載っていたが、運ばれてきたのは、えっ、これは看板に偽りありでは?と思うほどいちごが小さい!!
「あまいケーキが食べたい」と思った願いは大いに叶う甘さだ、コーヒーも美味しい。

コーヒー2
娘の方は「季節のフレンチブレンド」とは云うものの、ホットケーキとトーストパンの違いで大差はなくやはり甘さたっぷりのようだ。
コーヒーをお代わりして暫く振りの幸せな親娘の時間は流れた。

今年も健康で不自由なく行きたい所に出かけられて、ゆっくりとした時間の流れの中を生きて行きたい・・・・今度は何処にしようかなどと話しながら帰路に着いた。

春近し

春近し、とは云え3月4日、中島公園を歩いてみると、公園内の雪はまだまだたっぷりと残っていた。

001.jpg
菖蒲池は一面の氷、先日見た雪だるまは崩れてぽつんと残されている。
空では、冬と春の行き会いの雲がせめぎあっているようだ。

002.jpg
池に沿って枝垂れる柳の芽はまだまだ固い。

003.jpg
突き当たりにJRの駅が小さく見える西4丁目通り、中島公園に一直線、こちらの空には雲ひとつ無い。
明日からは一週間お天気続き、気温も上がって雪解けも急ピッチで進むことだろう。

はまなす短歌会

10日はまなす短歌会、出かけようと思って玄関を出ると、予報には無かった雪が降っている。
傘を取りに戻ったので、バスが向こうに見えて少し慌てた。何時も余裕をもって出てくるのに、年齢的に焦ることは危険を伴う。
誘われるまま去年から入った短歌勉強会、バスを乗り継いで、家を出てから1時間、14、5人の楽しい集まり。
これからは温かくなるので、家に独りこもって居るよりは自分の為と思ってひと月に一回休まずにでかけようと思う。勉強の後は遅ればせの、おひな祭り楽しみ会が待っていた。

はまなす
美しいお弁当は「明神御膳」そのほかに、ビール、ワイン、おつまみとテーブルに並べられ、お話も弾んでこちらがメインみたいな勉強会でした。

歩数8243歩

運動不足解消に、札幌駅からススキノまでの地下歩行空間を往復した。
地下街
一緒に歩いた妹と、途中デパートに寄って目のショッピング、お腹がすいたらレストランへとぶらぶら歩き。
家に帰って歩数を調べると、8243歩。歩数はよく歩いたと満足したが、人工の地下街は何か物足りない。
はやく自然の空気を吸って、草や木の芽吹きに触れて歩きたいと思う。もう少しの辛抱。

気温上昇

昨日は気温が急に温かくなり、雪の解けていくのが目に見えるようだった。
ベランダから下を見ると昨日まで雪に埋まっていたライラックの頭が見えてきた。

らいらっく
重たい雪からようやく開放されて、少し脹らんでいる芽が眩しそうに見える。

雪解け
アオキも竹の支柱に助けられ、雪ノ下でしっかり春を待っていた。えらかったねー。
土が見えてきたので、わくわくしてきた。こんな猫の額のやうな狭いところでも、これから生物の営みがはじまる。
冬の間はじっと眠っている苔の仲間、名の知れない小さな雑草、そして蟻たちは、雪の下で間もなく始まる春のファンファーレを待っている。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク