FC2ブログ

秋彼岸

お彼岸も過ぎた9月27日、弟夫婦の車で実家のお墓参りに連れて行ってもらった。
墓苑に到着すると、さすがお彼岸のあとだけあって、どのお墓にもまだ新しいお花が供えられていた。
20数年前になるだろうか、ここにお墓を建てたときに、まだ元気だった両親と来たその時は、周りに植えられている松の樹は丈が50センチほどの苗木だった。
実家のお墓参りは、ここ数年ご無沙汰しているお詫びの積もりで、お経の本を頼りに「重誓偈」を唱える。

墓参
少し離れたところに在る親戚のお墓にも立ち寄ってお参りすることができた。
楓の葉は色づきはじめて秋の深まりを見せ、シーンと静まり返る墓苑を後にした。

帰り道に弟が、以前住んでいた家を見ようかと回り道してくれた。すると偶然にお隣同志で親しくしていた奥様がお庭に出ているのが見えた。思わぬ再会に手を取り合って喜び再会を約束する。

きんもくせい
弟の家に到着、早速玄関先で咲いていた「金木犀」の花が良い香りで迎えてくれた。

キミキフガ
家に入らずに裏に廻ると、何時もは元気に迎えてくれていた愛犬「泰三君」の姿はなく遊び場つきの小屋も撤去され淋しさひとしお。

広い庭はダイナミックに秋の花たちでが風情を醸しだしている。
初めて見る「ミカエリソウ」、藻岩山に登った時に少しの風にゆらゆらと揺れていたサラシナショウマが思い出される。

ヤマゴボウ
「ヤマゴボウ」が大きな庭石に覆いかぶさるように紫の実を垂れている。
調べてみると、日本の山野に自生しているヤマゴボウとは種を異にする「洋種ヤマゴボウ」と云うのだそうだ。
いかにも美味しそうだが有毒、染料にすると美しい紫に染まるという。

弟は退職後、外国人観光客のガイドをしているので、家を留守にすることが多く、すべて佳子さんがお庭の手入れと、広い野菜畑で野菜を作って、バザーに出したり、施設に運んだりと、大活躍をしている。
家に入って、淹れたてのコーヒーと美味しいスイーツをご馳走になる。帰りには捥ぎたてトマトを袋に沢山入れてもらって、家まで送り届けてもらった。
気がかりだった両親のお墓参りが叶ってホッと一安心、お天気にも恵まれた良い一日でした。
ありがとうございました。

015.jpg
帰り際にふと目に止まったカボチャ、ヒョロヒョロと長いのもカボチャ?

江別歌会へ

9月24日「新墾札幌江別合同歌会」に参加。
江別までは出かけていくのが億劫になる年齢、欠席することに決めていた。
しかし、あなたがいないと寂しいからとか何とか云われてその気になって(あら、どこかで聞いたセリフ)JR札幌駅で待ち合わせて出かけた。江別には3年前に出かけて以来だ。野幌駅から歩いて5分「アオイホテル」が会場。
例年続けられている、湯でたとうきび、ブドウ、江別饅頭がすでにテーブルに並べられていた。
総勢30名で会は始まる。合同歌会だけあって何時もの雰囲気と違ったが、いろいろな作品に触れることが出来て楽しかった。
最後に足立先生の講評があり、数首選ばれた中に、思いがけなく私の作が入った。あまり使ったことのない{枕詞}を読み込んだのが目立ったのだろうか。
帰宅して思うこと、欠席しようと思っていたのに、友人の誘いがあってこそと、今日一日の出来事を振り返る。

 山裾にそふたまほこの坂道を言問ひゆかば櫨もみぢする

はぜ
この櫨の樹は中島公園で撮ったのでまだ紅葉していないが、もう1度あの双子山の山裾に添った坂道を尋ねてみたいと思う。

盛りだくさんの一日

9月22日医大の3ヶ月検診日。
医大

予約どおり検査は終了、丁度お昼になったので院内の食堂で昼食を済ませて、バス停に行くと10分ほどで来るバスを待つ。
待っている間先に待っていた同年輩の方と、とりとめの無い会話をしているうちに、バスは直ぐやってきた。

こんなに順調に帰宅できたので、お天気も良いしひと休みをしてから、ドコモショップへ行って来ることにした。

東京の娘家族になって、携帯電話は前から持っていたのだが、入院中に私を慰めようと孫たちとのラインをする為にタブレットを持たされた 。しばらくはそれで結構楽しんだが、元気になって持ち歩くにしてはタブレットは大きくて不便。考えて相談したら、年配者用の「ラクラクホン」にするための必要書類が送られてきている。
今日は午後の予定はないし、と思い立って、必要なものを揃えていざ、ドコモショップへ。
30分程待って、間もなくカウンターに案内される。今までは何の煩わしいこともせずに手にしていた携帯電話、タブレットを、スマートホンに変える手続きを自分で出来るだろうか?心細い。
書類に手落ちは無かったが、確認をするには娘夫婦でなければならないこともあり電話で確認、それはそれは手間取った。
データを新しいスマートホンに移し変えるのにも時間がかかり、それから使い方を教えられたが、若い孫と同じくらいのお兄ちゃん、よくぞこのおばあちゃんに最後まで優しくおつき合い下さいました。有難うございます。
新品のラクラクホンを手にして外に出た時は、あたりはすっかり日が落ちて夕闇が迫る時刻になっていた。

帰りは疲れ果ててタクシーを拾って帰宅。今日は少し頑張りすぎました。

スマートホン2

可愛い色を選んだけれど使いこなせるかなー。
早速メールがきました、少しづつ馴れて行きます。

三人会

月に一どの3人の集い、今月も時間、場所を間違えずに、3人元気に顔をそろえることが出来た。
私があとの2人より3歳若いのでなんとなく頼りにされていた。しかし2年前の大病以来、労わられる事がおおくなる。
三人それぞれ不自由さを身に持ちながら、今のところ無事を確かめ合っている、と云う感じ。
二十年の間、趣味を同じくしている3人には話題は途切れることが無く、一番の思いでは、三人で短歌全国大会に参加した時の珍道中は何度話しても飽きることは無い。

001.jpg
ランチのあとデザートにわらびもちのパフェを注文、思ったよりも美味しくなかった。
一人前にコーヒーが飲みたいね、と3人はコーヒー店に移動。そこでまた話は尽きない。
来月の予定をそれぞれ手帳にメモして、お別れ。
~~来月無事に会えますように~~

帰りの道は徒歩で15分、こんなお天気の良い日は、歩いて帰ります。

道端の薔薇
躓かないように、安全に交通量のすくない裏道を選んで行くと思いがけなく赤いミニバラにに出会う。目が覚めるよう。「チョッと失礼ね」と云ってシャッターを切らせてもらいました。

雷鳴

今日の日中の空は、めまぐるしく変わった。
黒い雨雲に覆われたと思うと、にわかに雨が降り出し、
雲あしが早くて間もなく太陽が顔を出すと言った具合。
台風18号は北に抜けて温帯低気圧になったというのに。
この気まぐれ天気は北のほうからの寒冷前線の仕業らしい。

雷
夜になってテレビを観ていたら(BS)画面が暗く見えなくなった。
ゴロゴロと結構大きな雷の音が聞こえるので、カーテンを開けてみると
時々ピカーと光って真っ暗な空に雲がみえた。
10時頃になって雷鳴も静かになったのでテレビ(BS)をつけてみると画面は回復していた。

それにしても台風18号は列島を縦断して多大な被害を残して去って行った。
去年に引き続き、収穫間際のりんご、刈り取りを控えた稲、とうきびなどなど、
農家の方々の落胆はわが事のように心が痛む。

絵本を楽しむ会

続きを読む»

五天山公園に遊ぶ

「五天山」は聞いてはいたが、行って見るとそこは綺麗に整備された公園で、地域の人たちのオアシスのようになっていた。
五天山と云う小高い山を背景に、広い公園には高低のあるウオーキングコース、パークゴルフ場、小さなプール、水車小屋などなど整っていた。
五天山公園1
ナナカマド

五天山公園2
緑の中にたった1本咲いていた紫の花、エゾノコンギクかな?と思うのだけど違うかな。

五天山公園3
ススキは穂を垂れて秋の深まりを見せている。

五天山公園4
ウオーキングコースを彩る萩の花。

五天山公園6
可愛い水車小屋のそばには噴水が、夏には子供達で賑ったのだろうなー。

五天山公園7
桜の木、この枝だけが綺麗に紅葉している。

五天山公園五
鴨が水草の間をしずしっずと泳いで姿を見せた。番だろうか。町の池にいる鴨と違っておっとりしているように見える。
大きなトンボが沢山飛んでいて、盛んに水中の水草に卵を産み付けていたが、とうとう写真に撮ることが出来なかったのは残念。
秋の空は高く山の空気はとても美味しい、静かなこの五天山公園にしばらく身を預けて居たいような気持ちがした。
そんな気持ちでいたせいか、満足する写真が撮れなかったのが残念。

案内して下さったKさんに心から感謝いたします。ありがとうございました。

ゴッホ展へ

昨日までの雨は晴れて、美術鑑賞の気分高まる清々しい秋日和となる。
10時半の待ち合わせに間に合うように、忘れ物は無いかバッグの中をチェックする。

ゴッホ展1
先ず夾竹桃の絵のゴッホ展の看板が目の高さに迫ってくる。

ゴッホ展3
チケット売り場にはこれから入る人々が並んでいる。きっと込んでいるのだろうなーと思いながら~~。

ゴッホ展2
いよいよ会場に入ります。

ゴッホは日本につよい憧れを持っていたという。
絵画表現を模索していたときに日本の浮世絵に出会い、浮世絵版画を収集しそれを模写しながら、独自の日本のイメージを作り出して行ったのですね。
ゴッホの作品は、日本の浮世絵から強い影響を受けて、日本を「光に溢れた国」と想像し、フランスの田舎町アルルでひまわりの花を描いた。
ひまわりの絵は、全部で1番から7番まであり、それぞれひまわりの本数が1番は3本7番目は12本、色合いも描かれた時期によって変化がある。
ゴッホのひまわりネットから借用

今回の展覧会は、浮世絵が主で、ひまわりの絵は展示されていなかった。少し心残りを感じた。

一雨ごとに

今朝も雨、6時頃ゴミを出しに玄関を出ると空気がヒヤッとした。一雨ごとに秋の気配が近づいている。

シニアネットの文化祭が近づいてきた。バザーの提供品を用意しておいたが、今日届けに行く日になっている。
皮製のリュック、手提げにもなり、ショルダーにもなる、買ったときはこれは便利と思ったが、年齢とともにバックそのものが重たくて
ついつい使うことも無く数年が経ってしまった。
通信販売で買った3枚組の暖かいロングスカートを、1枚は冬に重宝しているが後の2枚は袋に入って新品のまま。
もう一品は、可愛いくて小さな手提げ袋、今回はこの3点を思い切って手放すことにした。

濡れないようにユニクロの大きなビニール袋に入れて、バス停まで歩いて行くが、思いのほか雨が強い。
シニアネットサロンに着いたときは傘を差していたにもかかわらず結構濡れていた。
提供品の手続きをして、冷たい甘酒をご馳走になり、小さな袋のお菓子を頂き、バスに乗って又雨の中を帰って来た。

手放さずに何年か身近に在った物を置いてきてしまった無常感が身にまといつくような感じがする。これは秋雨に濡れて帰って来たせいだろうか?

ホトトギス
気が付くと今年もホトトギスが咲く季節になった、「今年も秋ですよー」と知らせているようだ。

オトギリ
オトギリソウの実、うっかりしていたらルビー色の実を見逃してしまった。

シャガ
シャガは地下茎を延ばして石の下から潜って出てきた。今年は花が1本だったが、来年はきっと沢山咲いてくれることだろう。

朝の散歩道で

朝目が覚めてカーテンを開けると、宵の雨で草木が生気を取り戻して生きいきしている。
6時、身支度をして外へ出る。車はまばら、人は誰も歩いていない、空気は美味しい。
先ず何時も気になっていた環状線の白雲木の並木、鈴なりの実は今撮っておかなければ間もなくぱらぱらと落ちてしまうと思って行ってみる。

朝の散歩1
白い花も美しくて好きな花だが、散るのが早くてうっかりしていると、木の下を真っ白にして散ってしまう。
今朝は出かけてきて良かった。緑色の実は丁度よく溢れるように生っていた。

朝の散歩2
角を回って少しいくと、白い槿が塀を越えて咲いている。白も清楚でよいが、以前住んでいた家の玄関わきのピンクの槿が思い出される。

朝の散歩3
雨に濡れたコスモス通り、だーれもいない私だけで独りじめ。

朝の散歩4
「おはよう」って思わず声をかけてしまった。

朝の散歩5
今開いたばかりのツユクサ、雨に濡れていっそう美しい。
ひと回りして玄関に着いてみると、歩数は2513歩。
車が通らなくても律儀に作動している信号機、誰にも会わずに家まで帰りついた不思議な朝の散歩でした。

今日の花 (9月4日)

ベランダから覗くと、気になっていた何処から来たのか分からない花が綺麗に咲いている。
カメラを持って出て見ると、もうすでに咲き終わって可愛い実をつけているのもある。

今日の花2
大分前から芽を出して、次第に育ってくるのを、花だろうか?草だろうか?と思いながら時々出ては成長を観察していた。
毎日一個づつ咲いては実になっていたようで早いのは黄色く色づいている。
さて、去年は見たことが無いし、今年は種を蒔いた記憶も無いのにと、不思議に思いながら花が無くなった今の季節に咲いてくれているのは有難い。
~~~あなたのおなまえは?~~~と聞いたところで返事をするはずも無い。
種が生っているので、来年は沢山芽を出すことだろう。名前を探してみたがわからない。
ご存知の方がおいででしたら教えて下さい。

追記  後日nasu_to_mato さんがコメントを下さって「オオセンナリ」と云う立派な名前を知りました。ありがとうございました。

新そば祭りバスツアー

「幌加内町新そば祭りツアー」に「定員にあと一人です」のメールを見てから、だめなら諦めようと思って申し込んだ。
すると間もなく「そば祭りツアーにお申し込み有難うございます」と返信が届いた。
丁度風邪を引いていた時なので薬を飲んで体を休めて何とか当日の朝、元気に集合場所へとバスに乗り込んだ。

そば1
バスは札幌市の福祉バス、日ハムファイターズのマークの入った豪華バスです。
三々五々集まってきたのはシニアとは思えない元気な会員45名、8時30分発車の予定が全員集まったので、8時20分に出発する。

そば2
2時間ほど走ると車窓に蕎麦の畑が広がってきた。
白い花の季節は過ぎて実り始めている蕎麦の様子がうかがわれる。

そば3
特設の駐車場にはすでに何台もの大型バスが並んでいた。
バスを降りてお祭り会場へ徒歩数分、歩いて行くと人でぶつかり合うほどの賑わい。

そば4
公民館の屋上から見下ろす。

005.jpg
公民館では今「素人蕎麦うち3段位認定幌加内大会」が始まろうとする緊張の一瞬に出会った。

そば8
私たち8人のグループは「そば屋八右ヱ門」で新そばを味わうことにして順番を待つ。待つこと一時間?
ようやく順番が来てお蕎麦にありついたのに、バスの出発時間が迫っている。
美味しいお蕎麦をゆっくり味わう暇もなく、皆は飲み込むように食べ終わったが、どういうわけか急いで食べているのに食べ終わらない私。早く食べ終わったYさんにお土産の「幌加内最寒杵餅」を2個買いに行ってもらい、ようやくバスに乗り込んだ。

そば9
蕎麦畑の近くまで行って蕎麦の実を間じかで観察、
蕎麦の花の構造は複雑で、長柱花と短柱花が咲き1本の茎にはどちらか一方の型の花しか付かないとか、蕎麦の花は稲や麦とちがい、最初の開花から咲き終わるまで、長期間咲き続ける=無限花序と呼ばれる。自然の行いの何と複雑で繊細なこか!!!

そば12
帰路「三笠鉄道村」へ
幌内炭鉱から掘り出される石炭を小樽の港まで運ぶ為に、日本鉄道史上3番目に開通したという幌内鉄道、今は閉山とともに記念館として保存されていた。昔を偲ぶ縁もない寂しさを感じた。

そば11
今日の見学は私たち札幌シニアネットの会員45名で賑った

そば13
さあ、一路札幌へと帰ります。
帰りのバスでは、お世話係の佐藤様、日本人の名字ランキングの票を作って下さって、楽しい話題で疲れを忘れました。お世話になりました、楽しい一日をありがとうございました。

オオウバユリ

旭ヶ丘まで行く途中の階段を上っていくと、鬱蒼と草の繁っている中に、オオウバユリが不気味に何本も立っていた。
一寸散歩に、と思って出てきたのでカメラは持たず、携帯のカメラを出そうと立ち止まると、藪かが襲ってきて、ほうほうの態で一枚撮って帰って来た。

8月30日オオウバゆり
間もなく実が褐色になって弾けると無数の種が風に乗って飛んでゆく。
否応なく今年も秋は間じかに迫っている、冬を思うと気持ちが重い。
秋を惜しみなく楽しまなければ、と気があせるがゆっくり、ゆっくりと言い聞かせながら一日一日を大切に~~。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク