FC2ブログ

はまなす短歌会

昨日までの良いお天気は何処へやら、朝からどんよりしていたと思ったら、出かける間際になってからぱらぱらと雨が落ちてきた。
午後1時30分からの「はまなす短歌会」に間に合うには12時には家を出なければならない。
年齢とともに時間には余裕を持って出かける癖がついてしまって、11時15分のバスに乗った。
大通り4丁目で下車したが、時間が早すぎるなーと思って、オーロラタウンのコーヒー店で一服、時間を調整してバスに乗る。

それでも会場には30分前に到着、1ヶ月ぶりの顔合わせで会話が弾んでいるうちに間もなく司会者の声で短歌会は始まった。

13首のうち私の心を動かした歌
   
   ライラック咲きて彩る公園の五感くすぐるむらさきの風

   夕食を子供一人で食ぶといふ平成日本飢餓ものがたり

   木蓮の空にきはだつ純白に息つめて佇つ失語症われ

   花柄のバッグにかへて教室へ女は気分を自在に操る

   けなげさと律儀ないのちと思ふまで庭の隅々花が咲ふよ
 
 ちなみに拙作
   旭山の麓の公園しずかなり深山櫻とわたしとふらここ

旭山公園

少し遅れて咲く深山桜は人里はなれたところにひっそりと白い花をさかせていた。
桜の名所や街の中では見られない、どこと無く淋しい深山桜。
一応公園として整備され遊具も整ってはいるが、こんなに寂しい公園には人っ子一人見当たらない。
だらだら坂を20分ほど登ってくるととこんなに静かな公園がある。なんと贅沢なことだろう。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク