FC2ブログ

明けの明星

今朝6時半頃、少し早いかなと思いながら、カーテンを開けると、南の空低く綺麗に三日月と金星が寄り添うように光っていた。
寒かったけれどベランダを開けて4枚写真を撮る。
”星空”に設定して息を凝らして4枚、コンデジなのでこれ以上は無理ですねー。

003_20190201114405610.jpg

遠く万葉集に柿本人麻呂が、平安時代になって清少納言が枕草子に、”ゆうづづ”(夕星、長庚)として詠んでいる。
枕草子には「星はすばる、ひこぼし、ゆうづつ、よばいぼし、少しをかし」とある。
”夜這い星”は流れ星を言い、清少納言は、尾を引かなければなほ良いのに・・・とも言う。

夕星2
何年か前、温泉でお正月を迎えた時に見たのは夕方北の空に見えた”宵の明星”だったが
今朝は南の空まで一晩をかけて、つかず離れずここまでやってきた”明けの明星”です  ~ぶれてしまった~

25年前あなたが空えと旅だったころ、毎朝寝室の窓からこの明けの明星を眺めるのがお決まりだった。
でも今では、斉藤史ではないけれど”25年もたてばそりゃーあなた・・・・です。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク