FC2ブログ

白雲木の実

”白雲木”は花に気品があって美しいが、その花が散ったあとの実も、灰緑色というか、美しい色合いで人に気づかれずに秋の一瞬を飾る。
去年の秋も環状線沿いの”白雲木”の実はパラパラとはじけて、通行人にプチプチと踏みつぶされてしまった。

秋にその一番美しい実が欲しいと妹が言うので、丁度良い時を見計らって電話で知らせておいた。
”どっちみち落ちて踏まれてしまうのだから”とは思うものの、公の街路樹の実を採るのは気が引ける。

早朝まだ人が歩いていない時間帯を見計らい、妹と二人で採る日と時間を打ち合わせておいた。
あの日はお天気が良く、早朝、柄の長い選定鋏と籠を用意して妹は車でやってきたのだった。

澄子のリース

先日その”白雲木”の実を飾ったリースを携えて妹がやって来る。
実の色は少し紫がかった色に変化していたが、それがまた違った趣を醸し出している。

リース2

触ると実から中の種がはじけだすにで、そっと優しく持たなければならない。
華やかではないが三色のコラボレーションがなかなか効いていると思う。
壁に飾ると部屋の雰囲気が落ち着いた感じに変わった。
去年の秋、、妹との共同作業で採った”白雲木”の実が里帰りしてきた感じで眺めている。



プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク