FC2ブログ

バルト三国へ

働きずくめの娘は、この連休を利用して以前から計画して楽しみにしていたバルト三国への旅行に今朝出発していった。
出発は朝シャトルバスで5時30分発なので、起きられないかもしれないと思い、昨夜のうちに「元気で行ってらっしゃい」とラインをしたが、今朝は4時早々に目が覚めてしまった。
起きて支度をし娘がエレベーターから出てくる時間を見計らって出ると、玄関でぱったり。
バス停で待つ間5分くらい、つぎつぎと大きな旅行鞄の人が集まってきて、シャトルバスも間もなく着いた。
”いってらっしゃい”っと手を振って見送り出発して行った。

二人で旅行してから何年たっただろうか、娘の好きな旅行に今のうちならば行ける、わたしが弱ってからでは行きたくても行かれなない。元気でいなければと思いつつ見送った後にはやはり寂しさが残る。
朝食をしていると千歳空港から、思いのほかスムーズに成田行きに乗れたとラインが届き「よかったよかった、元気で行ってらっしゃい」と返信する。

延齢草
帰ってきてそのまま裏に回って見ると延齢草が葉を広げている。
去年はシートで見えなかったけれど3年前に友人が根を持ってきてくれた”延齢草”今年はまだ花はさきません。

芝桜
お隣の方を見ると芝桜が咲いいて少し気分を明るくしてくれました。

今頃は”ヘルシンキの”のホテルかな?

小さなちいさなコンサート

シャンソンの好きなわたくしにコンサートのお誘いがあってからしばらくたっていた。
カレンダーにはメモをしてあるが、数日出かけていてくたびれたせいかすっかり忘れていた。
確認の電話が来て今日はキャンセルしようかと思ったが、ここまで車で迎えに行きますからと言われたらとても申し訳なくて、電車で出かけることにした。
小さなサロンのミニコンサート、参加は年配の男女合わせて20数名ほどで、間近でプロのシャンソンを聴けるのが魅力。

シャンソン1

シャンソンはいいですねー
目を瞑って聴いていると情景が目のスクリーンに映ってドラマチック。
広い豪華なステージよりもこんな小さな部屋で、しかも小型の電子ピアノと鍵盤ハーモニカの伴奏なんです。
歌い手も伴奏者もプロですからシャンソンの哀愁をたっぷりと聞かせてくださいました。

しゃんそん2

伴奏者はピアノと、”鍵盤ハーモニカ”を同時に演奏しているので、鍵盤ハーモニカを披露してくださった。
小学校で使うピアニカとは違って肩に掛けて息を吹きながら弾き、そのうえ左手が逆になりとても難しそう。
それをピアノと同時に演奏するのだから想像に余りありです。マスターするまでに腹筋が鍛えられたと笑って言っていましたが大変な努力と才能がなければ出来ない技でしょうねー。
”鍵盤ハーモニカ”の音色が、場末のアコーディオンの音色を彷彿としてとても雰囲気が出ていました。

一時間のミニコンサートの後は演奏者も交えてコーヒータイム。
なごやかにミニコンサートは終わりました。
出かけてきてよかったと思いつつ出歩いている自分に驚いている。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク