FC2ブログ

陰影

種から芽を出した楓、数年ベランダの下で育っていた楓の赤ちゃん。
そのままにして置いた方が良いのに、ふと可愛さに部屋の中に取り込んできた。

陰影
一瞬朝日がさしてきて床に美しい影を映している。思いがけない陰影の美しさに心を奪われた。
この美しい出会いは、朝日が昇るにつれて形を変えてそのうち消えてしまう。

           楓
                生まれてきたままの形の美しさ

胡蝶蘭と
供華の残り花に緑の一枝を添えてみたら、胡蝶蘭が生き返ったように見える。

           牡丹
      妹の庭の牡丹が見に行く暇もなく咲きだしてしまったので、
切り花にして届けてくれた 。
      開ききって危機一髪、今年も会うことができました。

生活の中に植物を取り込んで楽しんでいる今日この頃、郵便受けに昔お隣同士の懐かしいYさんから、住居移転のはがきが届いた。
懐かしさに早速電話を掛けると、かわいがって育てたお孫さんは大学を卒業してひとり立ちしていった後、大きな家を借家にして、こじんまりと二人の家を建てて暮らし始めたとのこと。
夫が亡くなって10年後、わたしの住んでいた家を買ってくださった恩人。
わたしが植えてきた藤の花は、毎年綺麗に咲いて、今年も今が盛りだから行ってみてくださいと話が尽きなかった。

夫が亡くなる前の年、庭師にお願いしてわたしの望みの”水琴窟”を庭の片隅に据えてくれた。
今思うと、長男の嫁として、祖母、両親を看取ったご褒美だった・・・・・・・。
一切のものは無常、咲いた花が散って行くように人生もまた同じ,今を楽しんで生きて行きましょう。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク