FC2ブログ

野ばら

昨日の”はまなす短歌会”の帰り、同じ方向にかえる3人で時々行く”かつ徳”で夕食を摂りながらおしゃべり。
明日から二日間”新墾短歌全道大会”があるので何となくこのまま別れがたい気持ちがそうさせたのだろうか?

小さなすり鉢でゴマにソースを入れてすりながら待つのは慣れたもの、もう常連のわたし達。
間もなく運ばれてきたお膳には、大きなお皿に盛られた鯵のフライとトンカツ、香の物、お味噌汁それに雑穀米入りご飯。

次第に小食になってきているわたくし、どう考えても全部は食べきれずに居るのを店員さんはすばやく察知して「お持ち帰りなさいますか?」といってパックに詰めて紙袋に入れてくれる。
ひとり暮らしではトンカツなどは揚げられないので、お腹いっぱい食べて、明日の分まで持って帰ってきた。
あとの二人はまだまだ若い、全部たいらげて「美味しかったね、また来ようね」とそれぞれ家路についた。

 野にありて風にさゆらぐ紫のたちつぼすみれに見惚れてひとり





今日は朝から霧雨の様なのが降るかと思えば、いきなり強い風が吹いたりして午前中は外には出ずにいたが、ベランダの下の野ばらが気になって覗いてみると~咲いています~
初めに咲いたのは白くなって、今日咲いたのはかわいいピンクです。強く吹く風に吹かれてかわいそう。

しばらくして風が小止みになったので、カメラを手に裏に回ってしゃがみこんでシャッターチャンスをねらっているところに、車がすーと来て下りてきたわが娘  「お母さんはすきだねー」 と寄ってきてくれた。
何時もは急いで出勤して行くし、帰りは既に暗くなっているので見ることはない。
猫の額のような花畑で楽しんでいるのを見て安心してくれているのだろう。

野ばら3
これはねヒヨドリのね・・・・・・という説明を聞きながらうんうんとうなづいて聞いてくれた。
それにしても、こんなに可愛い花が此処に咲いてくれて、ヒヨドリにありがとうと、お礼を言いたいくらい。

拾ってきた種から咲いた”ミニバラ”は一日花で、夕方にははらはらと散ってしまってつまらないが、この”野ばらは”何日咲いているのだろうか、楽しみ!!

プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク