FC2ブログ

狸小路

今でこそ外国から訪れる観光客が大勢行きかう”狸小路”

昔々、開拓時代は薄の原だったのでしょうねー。そこにはすすきのという遊郭街があったそうな。その頃の夜は、さぞや暗かった事でしょう。
豊平川の西側の薄の原に、夜な夜な現われた”たぬき” それはすすき野の遊郭にやって来る男を、言葉たくみに騙して財布の底をたたかせる女。その騙し方がたぬきよりも上手だったので、そのあたりにあった小路を狸小路と言われるようになったとか?ならないとか?

狸小路1

時間的に閑散としている狸小路、これから続々と観光客(特に中国からの)で賑わいます。
特に薬、化粧品の爆買いでドラックストアーが大賑わいだとか。

狸小路2
   ”本陣狸大明神”という狸をお祭りしてある神社もあるのです。

狸小路3

それで今日はなぜ狸小路か?というと、”シアターキノ”に映画を見に来たのでした。

”命みじかし恋せよ乙女”樹木希林の女優人生の締めくくりの作品。
劇中のドイツ人男性と恋人(すでに亡くなっている亡霊)の日本人の女の子とのラストシーンで、女の子の祖母、樹木希林が歌う”命みじかし恋せよ乙女…”のうたごえは、今まさに命を閉じようとしている彼女のきれぎれの声で、観るものに感動を与えた。

さあ 重いドラマを観た後は何か美味しいもので気分転換を、友人と二人甘いものをとお店に入ります。

   彼女はチョコレートパフェ
   たぬきこうじ4
                       わたしはワッフルとコーヒー
                      狸小路5

わたしもパフェにすればよかったかな~と思いながら楽しい時間を過ごしました。

でもやっぱり年齢には勝てません、だいぶくたびれてヨレヨレ。
転ばないように気を付けながら階段を下りて、したのお店でおいしいお菓子を娘のお土産に買いました。
ラインで”帰りに寄ってね、お菓子があるよ”と娘に知らせてあったので玄関に来てくれた娘に「今日はお友達と映画見てきたの」と言うと、「よかったね」と嬉しそうだった。   ~自分にお疲れ様~
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク