FC2ブログ

はまなす短歌 合同歌集

”北野はまなす短歌”に通い始めてかれこれ10年、よく通ったものだ。
我が家から、バスー地下鉄ーバスと乗り継いで順調にいって約50分、冬の雪の日も休まずによく通った。
月に1度のことだけれども、自分ながら大病の時は別として、休まずに通っていることに感心している。
というのも、先生はじめ13人の趣味を同じくする仲間に、惹かれていくのだとつくづく思う。

s-北野はまなす短歌

先日(10月11日)合同歌集”北のはまなす”第2号の発刊のお祝いをした。
会員は20人で当日集まったのは12人、新墾社主宰の足立先生をお招きしてのお祝い会です。
足立先生は一人ひとりの作品の批評と感想を述べてくださって、みんなで喜び合いました。

準備して置いた飲み物やごちそうを頂きながらの歓談も楽しく和やかに終了、カメラを持参していたがすっかり忘れていた。
終了間際、何時もカメラマンをしている私、写真は?と言われて、あわてて集合写真を撮りました。
途中都合で帰った人2名、ごめんなさい残念でした。

s-003_20191013141023d07.jpg

   書の先生の会員が筆を振るってくださいました。

s-006 (2)

楽しく和やかな時間はあっという間に過ぎてしまうもの、また楽しく次に繋げるべく何時まで通うことができるだろうか?と思いながら三々五々帰路につきました。

プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク