FC2ブログ

主は居なくても

目の前に駐車場を隔てて空き家(廃屋と言うべいか?)がある。すでに窓枠も外れかかっているがその庭にはいろいろの庭木が植えられ、中でも銀杏の大木は、3階建ての屋根よりも高い。うっそうとしていて中には入られないが、季節が来ると珍しい花が咲く。今年も家を覆うように「キササゲ」が咲いている、壊れかかった屋根を見せて。

s-キササゲ1
秋にはながーいささげのような実が沢山下がる。
s-7月2日 016
これは「庭ナナカマド」と言って咲き終ると粉のように車に散りかかり非常に迷惑、秋には紅葉もしない。
s-7月2日 006
中にはこんな可愛いツルバラが日当たりを求めて木々の間から覗くように咲いている。住む人が居なくなってかれこれ15年以上か、ここに家族団らんの日々があったであろうに・・・・と思うと「無常」そのものをみせつけられている毎日。

コメントの投稿

非公開コメント

ゴットばあさん様

タイトルまたまた失礼しました。きちんと入力しましたのにどうしたのかしら!!!

ゴット

蔓バラなんですよー。壊れかかった家に絡みつくように咲いています。本当にもの悲しい様子で咲いていて花が愛おしく思われます。

nasu-to-mato様

持ち主はどうなって居るのか分かりませんが両隣は迷惑しているようです。更地にするにもお金、相続税もかかるで不動産には悩まされます。
かってこの家の住人はお庭にはお金を掛けたのでは?と思われますが、手入れをしないとこういうことになるぞーと脅かされているようです。

蔓バラ!

バラに見えないですね。v-254
留守家の庭に毎年咲く花って・・
もの悲しい!風景でしょうね。v-284

主は居なくても

無秩序な開発もこまったことですが
無秩序な 自然化もこまってしまいます
私の住む所は 人口が減っていく予感がします
税制の問題もあると思いますが
まわりに 迷惑をかけず 
里山のように 自然にかえってくれるのが
いいかと思います
とにかく スムーズに 移行できる 方策を早くしないと
とんでもないことに なりそうですね
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク