FC2ブログ

5月18日以来のブログです

長いながいご無沙汰でした。

退院して家に帰ったには6月30日。

しかしパソコンを開いたのは3日前の7月5日,パソコンを開くのが空恐ろしくて、
漸く開いたのは退院後約1週間もたっていた。

先ずメールの整理から始める、シニアネットからの期限の切れたお知らせの帯。
中には大切なお知らせも在るので、疎かには出来ない。

削除したゴミ箱の整理大切なメールの処理、それだけで1日はおわり。

001_2015070811382658c.jpg

ベランダ越しに見える青空と、楓の新芽がまぶしかった。





手術は6月2日午前8時半手術室に入る。

弟と娘二人が立ち会って控え室で待つこと9時間半、穏やかでなかったと言う。

手術終了後、主治医に呼ばれて手術室に入ると、トレーに載せられ、
切り取られた大腸40センチ、転移していた肝臓半分を見せられたと言う。

弟は写真に撮りたいと思うも不謹慎かと思って我慢していると、主治医から写真に撮らないの?
と言われて撮ったのがこれ。

IMG_1255.jpg

自分の体から切り取られた臓器など見たくはない、と思ったが9時間半も掛けて全神経を傾けて下さった
主治医はじめチームを組んでわたしを生かしてくださった先生方に感謝を込めて掲載させて頂いきました。
有難うございます。

003_20150708133322e11.jpg

裏の小さな野草園、ホタルブクロが今を盛りと咲いています。



7月10日から再入院、検査で認められない小さな転移癌を攻撃する為の科学療法をするためです。

この年齢になってもうこれでお終いにしたいと思うも、「元の生活に戻りたい」が手術の目標だったのだから、
ここで投げやりにしては先生方に申し訳が立たない。
又親を思う子供達のためのも「元の生活に戻ろう」と決心をする。

「お母さんが元気になったら旅行をしよう」を目標に。

















コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです

退院、おめでとうございます。良かった!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

pirokoさん、大手術を無事終えられたのですね。
退院までの道のりを頑張られました、どんなにか大変だったことでしょう。

体力回復、心からお祈りいたします。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク