FC2ブログ

時計のお医者さん

そろそろ切れるころかな、と思っていた腕時計が予想どおり今朝電池が切れて止まっていた。
前からバスの中のコマーシャルで「時計のお医者さん」という時計の修理やさんを知っていた。バス停四つほどの距離、そうだ今日のウオーキングはそこまで往復しようと決めた。

受付
着いてみると、小さなマンションの1階で、これも小さく「時計のお医者さん」と書いてある。ドアを開けて入ると小さなフロアーの小さな窓に「受付」と札が下がっている。若いお兄さんが「いらっしゃい」と顔をだした。電池交換をお願いすると「はい、少々お待ち下さい」と云って時計を手に奥の方に行っている間、辺りを見回すと机の上には小さな道具が整然と並んでいる。なるほど時計のお医者さんらしい。

診察室
気がつくと入り口のドアには「診察室」と書かれている。思わず「くすっ」と笑いがこみ上げてきた。なるほど時計のお医者さんきどりである。「中も綺麗にしておきました」となかなか感じが良い。お代を払って動き出した時計を受け取り、帰路につく。
今日は歩くだけではなくもうひとつの目的も達成出来たウオーキングで大満足。

後日、聞くところによると、時計のお医者さんのご主人は立派な髭を蓄えた、さもお医者さん、と言う風貌の方、わたしが会ったお兄さんは助手さんだと言うことでした。

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> 豊平館綺麗になりましたね!!写真が上手だからかな
> 赤いバラの綺麗に撮影されていて素晴らしいです。
> 暑いとき無理をしないでまた見せて下さい


ご覧頂いて有難うございます。

本当に豊平館新しく、綺麗になりました。もう一度ゆっくり見に行きたいと思います。

No title

豊平館綺麗になりましたね!!写真が上手だからかな
赤いバラの綺麗に撮影されていて素晴らしいです。
暑いとき無理をしないでまた見せて下さい

時計のお医者さん

はるママさん御無沙汰しています。
ブログは相変わらず日常のささやかな出来事が題材でつまらないものです。
時計のお医者さんご覧頂きましてありがとうございました。
街の中にはふっと笑いがこみ上げてくる場所が隠れているものですね。

時計のお医者さま

ほおっと笑顔になりました。
時計を人間と同じように感じる(お医者さま)のもですが、時計を大切にされる気持ちがあったかいですねー。その発想に拍手。
我が家の時計も連れて行こうかなー?

時計のお医者さん

そうなんです、後5年元気で居られるかどうかです。

時計のお医者さん

「主人は立派な髭を蓄えた、さもお医者さん、と言う風貌の方、・・・・」
 そうだと分かれば あってみたくなるような かたですね
 そうは言っても
 時計は壊れないし 電池もあと5年は大丈夫なはず ・・・
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク