FC2ブログ

クロユリ

黒百合
数日前に見たときにそろそろ咲きそうな莟だったクロユリが今日咲いていた。
いろいろ種類があるようだが、これはたしか「エゾクロルリ」という種類ではないかと思う。
花言葉を調べると「恋」「呪い」とあり、アイヌ民族の伝説では、クロユリを思い人のそばに名前をつげずに置き、その人が花を手に取ってくれたら、何時の日か結ばれるとされ、これが花言葉の由来となった、とある。
此処まで読んでみると、戦後のラジオドラマの「君の名は」を思い出す。するとそう古くから伝えられているものではないことが分かる。

アイヌの人は昔から染料として用いていたそうで、楚々とした花の感じからすると匂いはあまりよくない。何はともあれ春の山野草が次つぎと咲いて目を楽しませてくれるのは嬉しいことである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク