FC2ブログ

お茶席に

古希祝い
茶の湯を習って四十年、そのうちの後半20年間お世話になった八城宗静先生の古希をお祝いのお茶席に案内されていた。
4年前に通うのが大変になって、一応お暇を頂いていたのだが、ながいおつき合いがあったお陰で私にも案内が届いた。

北辰庵
お席は北辰庵。新年茶会などで何回か来たことのある、ホテルの中にあるお茶室で露地から蹲、待合、飛び石を渡りにじり口から茶室へと入る。

八城先生古希祝2" border="0" width="320" height="239" />
待合で案内されるのを待っています。これから繰り広げられるお茶席を想像しながら、亭主の案内を待つひととき。

お水屋を担当するのは5名、客は先生を始めに3名。
先生の平素のご指導の下に、お弟子さんの自発的なテーマで懐石、お炭点前、濃茶席、薄茶席と、とどこうりなく終了致しました。茶の湯から少し離れていた私にとってこの上ない幸せなひと時でした。~~~ありがとうございました~~~



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク