FC2ブログ

朝の散歩道で

朝目が覚めてカーテンを開けると、宵の雨で草木が生気を取り戻して生きいきしている。
6時、身支度をして外へ出る。車はまばら、人は誰も歩いていない、空気は美味しい。
先ず何時も気になっていた環状線の白雲木の並木、鈴なりの実は今撮っておかなければ間もなくぱらぱらと落ちてしまうと思って行ってみる。

朝の散歩1
白い花も美しくて好きな花だが、散るのが早くてうっかりしていると、木の下を真っ白にして散ってしまう。
今朝は出かけてきて良かった。緑色の実は丁度よく溢れるように生っていた。

朝の散歩2
角を回って少しいくと、白い槿が塀を越えて咲いている。白も清楚でよいが、以前住んでいた家の玄関わきのピンクの槿が思い出される。

朝の散歩3
雨に濡れたコスモス通り、だーれもいない私だけで独りじめ。

朝の散歩4
「おはよう」って思わず声をかけてしまった。

朝の散歩5
今開いたばかりのツユクサ、雨に濡れていっそう美しい。
ひと回りして玄関に着いてみると、歩数は2513歩。
車が通らなくても律儀に作動している信号機、誰にも会わずに家まで帰りついた不思議な朝の散歩でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

nasu_to_matoさまこんばんは

真っ白なむくげの花を懐かしいとおっしゃって頂いて嬉しいです。
私も永い事住んでいた家の庭で、咲いていたのでなつかしい花です。
白くて中が紅色の、宗旦むくげでしたが、夏の茶花に使いました。朝咲いて一日で咲き終わる儚さに惹かれるものがありますね。

ムクゲ

子どもの頃から 
家の庭の入り口付近にあったのが この真っ白なムクゲでした
なぜか 枯れて無くなってしまいましたが 
この真っ白なムクゲの花を見ると 懐かしい気持ちになります
子どものころの記憶は強れつなのか? です 。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク