FC2ブログ

江別歌会へ

9月24日「新墾札幌江別合同歌会」に参加。
江別までは出かけていくのが億劫になる年齢、欠席することに決めていた。
しかし、あなたがいないと寂しいからとか何とか云われてその気になって(あら、どこかで聞いたセリフ)JR札幌駅で待ち合わせて出かけた。江別には3年前に出かけて以来だ。野幌駅から歩いて5分「アオイホテル」が会場。
例年続けられている、湯でたとうきび、ブドウ、江別饅頭がすでにテーブルに並べられていた。
総勢30名で会は始まる。合同歌会だけあって何時もの雰囲気と違ったが、いろいろな作品に触れることが出来て楽しかった。
最後に足立先生の講評があり、数首選ばれた中に、思いがけなく私の作が入った。あまり使ったことのない{枕詞}を読み込んだのが目立ったのだろうか。
帰宅して思うこと、欠席しようと思っていたのに、友人の誘いがあってこそと、今日一日の出来事を振り返る。

 山裾にそふたまほこの坂道を言問ひゆかば櫨もみぢする

はぜ
この櫨の樹は中島公園で撮ったのでまだ紅葉していないが、もう1度あの双子山の山裾に添った坂道を尋ねてみたいと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメント有難うございます。

現代風短歌の中で、たまたま古風な歌で目立ったのでしょうね。

他にも何首か選ばれた中の一首ですからそれほどでもないのですよ。でも嬉しいものですね

おめでとうございます!

選句されたpirokoさま、さすがです。

共に道を歩きながら、自然を愛でる
こころの豊かさを感じさせていただきました。
今年は選句の喜報が多く、私事のようで嬉しいですよ。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク