FC2ブログ

法要

思えば早いものである。
姉がなくなってから満6年の年月は経った。昨日はその七回忌法要が営まれ、親戚縁者13名が集い「日本料理 花城」でお料理を頂きなが、それぞれ生前の姉の思いで話をした。
あの年の三月は東北大震災が起きて、姉はとりわけ心を痛めていたこと、孫の結婚式に横浜まで行ってきたこと、洗礼を受けた遠くの教会の、百年記念祭に行って来たことなどなど、姉にとっては亡くなる前に、して置かなければならなかった事柄が沢山あった。
その事柄をすべてなし終えて、と云っても後になって思えば既に体の中では、異常は起きている状態だった。
呼吸が出来なくなって苦しみだしてから、半月ほどの間病名も分からず、最後に行った病院で悪性の甲状腺がんと知らされた時は治療を施す術もなく、思い残すことばかりを残して逝ってしまった。

自分のことはさて置き、周りの人達の健康を心配する姉だった。
姉はみんなの心の中に生きていてたっぷりと思い出話ができたので、供養になったことだろう。

はなぎ
日本料理 花城 馳走庵

土瓶蒸し
前菜に続いて次つぎ間合いよく八品が運ばれる。途切れることなく姉の思い出話は続き、時間いっぱい涙あり、笑いありお開きになりました。

追記
ここ「花城」で今年の六月に茶の湯の先生の喜寿のお祝い茶会が行われた。
開けられた障子の向こうにはその時の待合腰掛、蹲、飛び石が躙り口まで続いていて懐かしかった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク