FC2ブログ

旭山公園へ

今日は日曜日。
暫く振りの娘との朝食後、急に旭山公園に行って来ようと話は決まる。
天気予報では雨は降らないようなので、カメラ一つを携えて車に乗った。
いつも麓を歩いているが、ここ暫くは体力の衰えで自分の足では登ることはなくなっている。
最後に行ったのはもう3年前になるだろうか、車で5分も行くと駐車場に到着。
大型バスが3台も止まっていた。バスから降りた観光客は東南アジアか、中国か?
ひとしきり山は観光客で賑わい、そしてさーと波が引くように去って行った。

旭山公園1

静かになった公園には、家族連れ、若いカップル、トレーニングをするグループなど思い思いに楽しんでいる。
見下ろす札幌の街は雲に覆われて明るいところ、翳っているところそれぞれ人々の生活があるのだろうなー。
旭山公園より

低い山なので紅葉は期待したほどではないが、気温は低くなるばかり、明日はどう変わるか分からない。
旭山公園2
松の緑と桜とドウダンツツジの紅葉がうつくしい、元気な子供達が階段を駆け上がってくる。

浜茄子
浜茄子の実が真っ赤に熟れておいしそう、子供の頃この実を食べたことを思い出した。

藻岩山が
向こうには藻岩山が見える。あの頂上に昇ったのは15年ほど前、最近はロープウエイで行くが、今年はまだ登っていない。雪の降らないうちの行っておきたいものだと思いつつ眺めて帰って来た。

コメントの投稿

非公開コメント

はまなす

ハマナスは名前のとおり昔は海岸に群生している植物でしたが、最近はその花も実も美しいので、鑑賞用として広く植えられるようになりましたね。

山の「こくわ」は私も米びつの中で熟すまで待っていたのを思い出します。

はまなす

地方の町育ちの私はハマナスというのを成人して石狩の浜に行くまで知りませんでした。

昭和一桁時代は、今ほど車もないし郊外に行く機会も少なかったようです。

ただ出入りのオジサンがヤマブドウとかコクワとかを秋になると届けてくれるのが楽しみでした。
今でいうキューイに似た風味のミニトマトより小粒なくらいのグリーンの実でしたが、お米の中に入れて柔らかくなるのを待つのがそれは楽しみなことでした。
こんなことも今、懐かしく思い出す機会をいただき
有難うございました。

No title

お早うございます。
子供の頃おやつは無かったので、野いちご、桑の実、浜茄子の実、その他いろいろ食べてみました。浜茄子の実は熟して柔らかくなってから食べると、まあまあ食べられるかなという感じでした。
幾つも食べると、口の中が渋くなって舌が割れて痛くなったような記憶があります。

あの頃の子供達は戦時中でそたから、かわいそうなものでした。

浜茄子

以前(09年)の9月に北海道で浜茄子の実が生っているのを見つけて 
つまんで口に入れて 味見を したかったのですが
そのとき盗ってはダメだろうなで 貴重な経験をすること無く 
過ぎてしまいました
それは 甘いのかな? 酸っぱいのかな? です
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク