FC2ブログ

七草

その昔「若菜摘み」と云ってお正月の初の子の日に野に出て若菜を摘んだ、後に正月七日に春の七草を摘んでそれをまな板で叩いてお粥に入れて用いた~~~と辞書にある。
今ではスーパーで可愛い籠に七草がセットされて売られている。
昔のように自然を尊び、自然に感謝をする、ここに意味があるのではないだろうか..。

スーパーの商魂には乗せられまいぞ、と言う気分で横目で見て通りすぎる私。

             残り
少人数にも関らず、暮れから何や、かにやと用意した冷蔵庫の中の残り物も、ようやく整理がつきます、やれやれ。
           
             ドア
暮れに妹が作って持ってきてくれた、松ぼっくりのドア飾り、ひっそり暮らす私のお正月には相応しかった。
そろそろ、扇とお獅子を外して部屋の何処かに飾ります。どこにしようかと考えるのも楽しみのひとつ。

今日は午後4時から弟宅に親戚一同20数名集まって新年会です。
両親が健在の時から続く家族新年会、姉が亡くなって淋しくなったけれど、途切れることなく今年も行われる。
これはすべて弟夫婦のお陰です。いいえ、今では弟は外国からの観光客ガイドで家を留守にしがち、ほとんどは佳子さんのお陰です。有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ガンババさんコメントありがとうございます。
考えると、お正月は1年の始まりですから、お祝いをして区切りをつけなければなりませんが、年齢とともに重荷になってきたのは悲しいことです。
娘の世話になりながら曲りなりにできる事は甘えずにやっていこうと思います。
わたしもベランダのお世話になりました、同じことしていますね。

お正月料理

我が家もやっと今日でお正月の料理がなくなりました
その年によって、黒豆が一月一杯ある時もありますが
今年は完食です
冷蔵庫は既に満員なのでベランダを食品庫にして
毎日出し入れしてましたので、ホッとしました。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク