FC2ブログ

寂しさひとしお

平成5年秋にNHKの文化教室で出会ったのが、3人の初顔合わせだった。
それから、かれこれ25年、いろいろな出会いの中でも3人の絆は緩むどころか、堅くなっていくばかり。
短歌で結ばれていた時代の一番の思いでは、伊香保温泉を会場に行われた、全国NHK短歌大会に参加したしたときのこと。あの時はまだ65歳だった。
一番年が若い私はすべてを負かされて、千歳ー羽田ー新幹線ーそれから・・・・今ではもう忘れてしまったが、とに角迷わずに伊香保に無事到着した。
大会会場で待っていてくださった、NHK短歌講師の内田先生と初対面、「遠い北海道からよく来て下さった」と感激しあったのはついこの間のように思う。

3人会えばその時の思い出話で盛り上がり飽きることが無い。ところが恐れていた事態は起きつつある。
先ずBさんが12月も暮れ近くに、腰痛か起きて整形外科に行った所、脊椎の複雑骨折と診断されて、ギブスの生活を余儀なくされている。3ヶ月で復活できるとは云うものの87歳、元通りの健康体に戻られるかどうか?心配。

残された2人で今日会うことになっていたが、相棒のⅠさん、前々から患っている脊椎間狭窄症で杖を頼りの生活、今日の天候では無理をしないほうが良い、と言うわけで中止にする。こうなることは時間の問題であったのだからと諦める。

年を取る悲しみがじわじわと身に迫ってくる。
          
 カランコエ

手塩にかけたカランコエ、全部に花が咲きました。
って話しかければ応えてくれるものですね。

コメントの投稿

非公開コメント

冬に花

冬の今の季節には花たちが私の友達みたいなものです。誰もいないのに話をしているのは、おかしなばあさんと、自分で思っています。

花は気まぐれですから思うようには咲いてくれませんよね。

今咲いているコチョウランは、何年も花が咲かなかったのに、今年になって沢山の花が咲きだしました。毎日話しかけているへんなばあさんです。

冬の花

私は無口ではないのに、お花に語り掛けるということは殆んどないのです。
其のせいか冬に取り込んだ鉢に花が咲くことは滅多にないのです
ただ一鉢、スパティフィラムの白い花が咲くくらいです。
何時も朝日の入らない窓のせいにしてましたが、
植物に対しての愛情不足が原因なのかな~。

待望のサクラ蘭もまだ蕾さえ見せないし・・。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク