FC2ブログ

スズカケの散歩道

昨日は思いがけなく大腿骨を骨折して入院中の友人を見舞う。
何時もの通りなれている道なのに、躓いて転んでしまったそうだ。
人事ではない、娘といっしょに歩くと、何時も”大丈夫っ”て言われている。
それもそのはず、時どき体幹が揺らぐと見えて、体がゆらっとゆれて転びそうになることがある。

椅子に腰掛けている時間が多いので出来るだけ歩く努力はしているが・・・。
夕方になって遠いポストを目指して歩くことにした。
横断歩道でなく歩道橋を目指していくと、おやっ!!!姿の良かった枝垂れ柳の大木の太い枝が折れて、前の美しい姿がなくなっている。

しだれヤナギ
このしだれ柳は、環状道路を造るときに昔から此処にすむ人々に親しまれて来たので、わざわざ三角形の小さな空間を”啓明やなぎ公園”として残されていた。なんと無残な姿になってしまったことか。枝垂れていた枝も千切れてなんと哀れな~~。
このたびの地震の前日の台風で、もみくちゃになって折れてしまったんだね~~。
知らずに居たので驚いて早速カメラに納めたが、折れる前の美しい姿を写して置かなかったことが悔やまれる。

ナナカマド
ポストに投函してから緑ヶ丘公園へ足を伸ばすと、ナナカマドの実が真っ赤に色づいていた。

花壇
       公園から見える小学校の花壇がきれい。

すずかけ
グランドを囲むように並んでいるスズカケノ木、この木肌の模様の美しいこと、グランドでは、思い思いに子どもたちがスポーツを楽しんでいる。
夕食前にひと回りウオーキングをして、歩いた歩数は2855歩、 マアマアかな、今日のノルマを果たしたような気持ちになった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ナナカマドの実が赤くなると秋を感じ寂しさがこみ上げてくるのは年齢のせいでしょうか。
以前は雪が振ると赤い実がいっそう映えて美しく感じたものですが、渡らないヒヨドリが食べるようになりました。気象のせいでしょうかね。

御嶽山の噴火から四年立ちましたか。
自然を拝みに行っての災難なんと云ってよいか分かりません。わたくしも冥福を祈りのみです。

七カマドの紅い実

七カマドの紅い実が なんて美しいのだ と記憶しているのは 
木曽の御嶽山の 田の原登山口(2180m)だったと思います。

20年ほど前ですが 登ったのも 九月末の この季節です
それ以来 赤い実を見ると うれしくなってしまいます
この実も とっておきの 美しさで 輝いていますね

そして
2014年の9/27の あの噴火の悲劇も 思い出してしまいました
ご冥福を お祈りします
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク