FC2ブログ

花は慰み  (1)

今朝は少し早く目が覚めて、早々とゴミを出しに出る。
大きなゴミボックスの蓋を開けると、もうはやゴミ袋が沢山入っている。考えてみたら今日は資源ごみの日だから、夕べから既に出している人が居るんだ、などとひとり言をいいながら振り向いて植え込みに目をやると、ムラサキツユクサが朝露を光らせてパッと開いていた。

s-005_20181010115451fe4.jpg
これはチャンスとばかり、カメラを取りにもどる。
蘂に黄色の花粉、朝日に向かって呼びかけているようだ。この朝の時間にしか見せない生き生きとしたムラサキツユクサ。

       s-009_201810101154523c4.jpg

これはナミキ草、今まさに開こうとしている一瞬、こんな形をしているんだ、何に喩えたらよいだろう・・・・・思いつかないが何はともあれ自然の為せる技に敬服してしまう。


s-010_20181010115455f4a.jpg

今年のホトトギスは何といじらしいことか、夏の間シートに囲まれてお日様にも当たらず、それでもじっと命をつないで居ました。
秋が来て「さあ私の咲く季節よ」とばがりに咲いています。でも今年の背丈は20センチほど。来年を楽しみにしましょう。




数日後のナミキ草、花瓶に挿しておいたら咲きました。
野の花とは思えない、ムラサキの上品な色です。

namikisou3.jpg

        この美しい姿何に喩えようか。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に野に咲く花は逞しいですし、健気ですよね。

野の花を見つけると直ぐに撮りたくなってしまいます。

No title

野に咲く植物は可憐なものが多いようですが丈夫で逞しいようです。
アスファルト舗装の割れ目から顔を出して健気に咲く
小さな花を見ると胸が熱くなります。
紫露草・・今は大昔でしょうが、登校の道端に雑草と共に
沢山生えていたことを思い出し懐かしいです。
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク