FC2ブログ

冷たい雨

NHKスペシャルの「人生百年時代を生きる」また「認知症と心の健康」など、ボーとして生きていてはいけない時代に突入した。

昭和の終わりから平成の初め頃までは、明治生まれの親たちが老人だった時代で、人口全体の割合が低い時代であった。
従って医療費は70歳以上は無料と言う時代である。
わが家のおばあちゃんは自尊心の高い人だったから、「医者に診てもらって金も払わないなんて・・・・」と云って健康であったお陰もあるが病院のお世話にはならないでしまった。
89歳でこの世を去ったが、若いときから礼儀、身だしなみ、その他乱さない方だったゆえに、年齢とともに外に出ることをしなくなって、後半10年ちかくは今で言う認知症になり、対応の知識も情報も無い私達は非常に困惑した。
元気だったので寝たきりにはならなかったが、結局は3年ほど下のお世話をしなければならない状態で大変だったことを思い出す。

現在のように老人の入居施設などある訳もなく自宅介護が当然の時代。
わが家のおばあちゃんは本当に理想的に、家族の居る部屋で最後の「クッ」と言う呼吸をひとつして旅立っていった。

冷たい雨

ところで考えるとあと4年で90歳、どんな旅立ちが出来るのだろうか・・・・・・外は冷たい雨が降っている

  天気予報のお姉さん  ”今夜はいよいよ雪になるでしょう” といっている。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

”お早うございます”御無沙汰しています。

いよいよかと思ってカーテンを開けると、予想に反して雪はまだでした。
これからの外出は心もとないので、とうとう杖を用意しました。
包括支援センターの若いおにいちゃんに、杖はおしゃれに持ってください、といわれてなるほど!とおもいました。
でも、おしゃれに持つと言ってもなかなか難しいものです。
家の中の短い廊下を行ったり来たりして練習中です。

No title

今晩は!今週は冬将軍到来となりそうな予報ですね。

今では100才まで生きられれば万々歳ですが、人の命はわからないものです。
私の母は享年96才でしたが介護施設に入居までは100才まで頑張ると意思表示していました。
時間が足りない、やりたいことがいっぱい、貴女と話す時間がないと云われました。施設に入ってからは私を頼って離しませんでした。

先のことは考えずにやりたい楽しいことだけ考えて下さい。
最近は亡き母の言い分が少し理解できますが・・・・
プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク