FC2ブログ

短歌と、パソコン

現在、充実した毎日を生きていられるのは、2人の大切な人のお蔭と思う。

その1人は68歳で私の元を去って行った夫だ。
というのは、我が家のおばあちゃんの看取りを終えて、しばらくは何も手につかずぼーと過ごしていた時に「短歌もいいな」と新聞の短歌投稿欄を見ていた後ろのほうで夫の声がした。その一言でわたしの短歌ははじまった。


            かんけい展1

先日小樽の文学館で行われている「歌人・小田觀蛍の生涯」展と合わせて行われた、新墾主宰の足立俊彦先生の講演「小田觀蛍と北海道の歌壇」を拝聴してきた。

かんけい展2

展示内容は、歌集、文芸誌、書(色紙、短冊、掛け塾軸)その他個人が大切に所蔵しているものも展示されていた。

講演の後には足立先生を囲んで「大和屋」のおいしい寿司膳をいただきながら楽しい時間を過ごした。

朝9時半に娘の車でJR駅まで送ってもらい、帰宅したのは7時半充実した一日でした。

もう一人はわが弟です。
夫に先立たれてしばらくしたころ、お古のパソコンを持ってきて「頭の体操になるよ」と置いて行った。
その後ポツポツとキーを押しているうちに、すっかりパソコンの虜になってしまった私。
しかし困ったのは弟、頻繁に電話で呼び出されるのに音を上げたか、パソコン初心者に優しく教えてくれる”SSNのひよこクラブ”を勧めてくれた。それ以来かれこれ10数年、現在に至る。

今使っているパソコンは2011年に新調、すでに7年,動きが鈍くなっているのを見るに見かねて、メンテナンスをしなければ…と持って行って4日目、解体、修復されて新品同様になって帰ってきた。

パソコン

スイッチを入れてから,ややしばらく待たされた画面の立ち上がりは、パッパッパっと開くのでびっくり。
これからまだ暫くは楽しめそう。短歌とパソコンに導いてくれた二人に感謝しながら~~~~。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piroko

Author:piroko
FC2ブログへようこそ!
1933年生まれ
デジカメを片手に花を撮って歩くのが趣味でしたが、今では身のまわりの取材でお茶を濁しているつまらない「私日記」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク